ファッション業界人たちが本気で選んだ、2018年のベストバイ。

6 Shares

Wolf and Grizzlyのザ・M1・グリルキット。

アメリカのガレージブランドが作った日本未入荷のグリルキット。「着火の棒やグリルを磨くパーツまで付いてるし、シンプルで頑丈。海外の展示会で隣のブースだったけど、コレひとつ で展示会に出てきた潔さも好き(笑)」。

GOTOH/NATAL DESIGN ディレクター

本誌でもおなじみのブランド、ネイタルデザインのフロントマン。現在は様々なアウトドアブランドとのコラボ企画が進行中。「2019年は趣味のひとつ、渓流釣りにもっと力を入れたいと思っています」。

 

HOKA ONE ONEのスピードゴート2。

ホカオネオネの中でも、長距離ランに適したテクニカルシューズ。「夏以降の山行では、ほとんどコレ。特に今年のOMMでは走ることが多かったけど、膝を痛めることもなく足元も快適。カラー違いのストックも欲しいくらい」。

野澤大樹/2-tacs 生産管理

ツータックスの生産管理を担当。プライベートでは山遊びを中心にアウトドアを満喫中。「今年はファストパッキングやファンランが中心でしたが、2019年はトレランのレースもエントリーしたいと思います」。

 

F/CE.のリザードフリースジャッケット。

オリジナルのリザードカモが特徴的なオーバーサイズシルエットのフリースジャケット。「自分のまわりでもボアフリースが流行っているから、すごく今のキブンなアイテム。総裏仕立てなので保温性も高く、着心地もいいです」。

中村恭平/JOURNAL STANDARD relume プレス

“大人にちょうどいいファッション”を提案するセレクトショップ、ジャーナル スタンダード レリュームの新人プレス。アウトドアはまだまだビギナーながら、フェスやライブには積極的なロック好き。

  • Photo/Shouta Kikuchi
  • Report & Text/Masatsugu Kuwabara

GO OUT vol.112は、他にも業界人たちの「買って、よかった」が満載! 

GO OUT vol.112

絶賛発売中のGO OUT vol112では、目利きのお買い物好きがガチで選んだベストバイアイテムが満載! キャンプギアにレアなウエア、一風変わった小物など、アンテナビンビンの44人の業界人のフェイバリットアイテムが盛りだくさんなので、気になった人は下記の販売サイトほか、全国の書店やコンビニにてお求めください!!

■OUTDOOR STYLE GO OUT vol.112 定価¥680

< 12
Tags

6 Shares

RANKING

  • Weekly
  • Monthly
  • Total

SNAP

ARCHIVE

GO OUT ONLINE

RECOMMENDED ITEM

MAGAZINE

BESSの家〜お宅訪問編〜
電子書籍の購入はこちら
大人の宝物 ペルル