誕生秘話や愛用者たちの言葉から見えてくる。パタゴニアの名品フリース「スナップT」の魅力。

patagonia(パタゴニア)」を象徴するアイテムのひとつ“シンチラ・コレクション”の永世定番ウエア「スナップT」に着目。ウールと同等の保温性と耐久性を備え、軽量ですばやく乾く。誰しも1度は目にしたことのあるフリースのパイオニアに迫りました。

Table Of Contents : 目次

スナップTは、そのデザインに限らず、そもそもすべてが革新的だった。

今年で誕生して37年目となる、パタゴニアの名品フリース「スナップT」を今一度掘り下げたい。節操なく類似品が出まわる昨今において、やはり本家本元を知っておきたいと思ったからだ。スナップボタン&プルオーバーのフリースをいち早く手がけたのは言うまでもなくパタゴニアなのだが、それもそのはず。無知は罪とはこのことで、まさかフリースを開発したのもパタゴニアだったとは。

フリースの開発秘話は後半に。プルオーバータイプのその1着は、テクニカルなレイヤーを実現することに加えて、バリエーション豊富に存在するビビッドな配色も魅力だ。しかもとにかくタフで、長く着られるのも愛されている要因のひとつなのだろう。発売年ごとに様々なカラーリングがリリースされ、モノによっては価値がどんどん増していたりするのも面白いところ。

また、パタゴニアと言えば環境配慮も群を抜いて早かった。94年からリサイクル・ポリエステルを100%使用していて、近年はフェアトレード・サーティファイドの縫製を採用するなど、自然環境や貧困に対する持続可能な取り組みに古くから目を向けたモノづくりをしている点もここに特筆しておきたい。

「スナップT」は最近タウンユースでよく見かけるアイテムとなっているが、当初はアルパインクライミングなどのアクティブなスポーツウエアとして1985年に誕生。〝シンチラ〞素材を使った機能的な生地や無駄を極限まで削った洗練された作りは、快適で気軽に外に出かけたくなる逸品だが、ブランドを象徴とするギアのひとつなのだ。〝シンチラ〞とは、同年にパタゴニアとモルデン・ミルズ社が共同開発したフリース素材のこと。

修理も受け付けているから、スタッフたちの私物もつねに現役!
パタゴニアで働く社員たちの持つスナップTをいくつか見せていただいたら、その現役っぷりに驚いた。中には97年にユーラシア大陸自転車横断17,000kmの旅に持っていかれたものや、父親が94年に購入したものを入社祝いで譲り受けたもの、2011年から毎シーズン着ているものも。なぜなら修理対応も行なっているから、長く愛でることができるのだ。

世に〝シンチラ〞が登場するまで(〜1980年初頭まで)は、山登りなどのアクティビティには吸水性や保温性、放熱性の高い天然ウールのウエアが重宝されてきた。しかし、羊毛は雨に濡れると重くなるデメリットがあり、洗濯するのも乾かすのも大変ということで、パタゴニアが開発に乗り出したのだ。ブランドのホームページには、編集者レイ
チェル・G・クラークの言葉でこう記されている。

「70年代初期、イヴォン・シュイナード(創業者)はカナダの布地販売店でアクリルのパイル生地を見つけました。この発見をきっかけに、マリンダ・シュイナードはロサンゼルスのファッション地区に出向いて似たような生地を探しました。彼女がそこで持ち帰ったのは、便座カバーに使われるポリエステル製の生地でした。そのひと巻きの生地はそれまでに収集された他のサンプルとともにしばらく眠っていましたが、ある日イヴォンによって再発見され、裁縫室に持っていかれました――その後パタゴニアはマサチューセッツに拠点をおく素材メーカー、モルデン・ミルズ(現在のポーラテック)社と提携して、軽量で丈夫なポリエステル製パイル素材を開発し、その生地から真の意味で最初のフリース・セーターを作りました」。

写真のピンクのフリース。子どもが首元を引っ張って外れてしまったボタンを、あえて違うカラーのボタンに取り換えているというから面白い。ボタンの取り付けくらいならパタゴニア各店舗で対応できるようで、流石のケアである。

フリースの始まりが便座カバーにあったという話しは驚きだが、かくしてウールの強みを再現しつつ、ウールの弱点もカバーするポリエステル素材でできたのがパタゴニアの名作フリース「レトロX」の原型となる。その後、「レトロX」の原型を改良して〝シンチラ〞を開発すると、いろいろなメーカーが類似の生地を作るようになり、業界でフリースと呼ばれるようになったらしい。

「スナップT」も同じ頃から普及しているからこそ、多くのフリースの元となるのは免れられないことなのだ。そんな〝シンチラ〞だが、なんとゴミになったペットボトルを原料に作られているというからパタゴニアには度々驚かされる。しかも、ポケットやトリム部分には、じつはブランドの定番ショーツ「バギーズ」の端切れ生地を使用しているのだ。

スナップボタンが壊れてしまっても、近くのパタゴニア直営店で修理可能!

今やパタゴニアのミッションは〝環境に配慮する〞というものから〝故郷である地球を救う〞となっている。どんな素材が使えるのか使えないのか、製品を製造する過程でカーボンニュートラルはどれだけ実現できているかを細かく計算しているから称賛に値する。

類似品が多く出まわっていても、それらはこういったマインドまでを継承できているのか。誕生秘話や、企業努力を垣間見ると、街でも着られるアウトドアウエアに余念がないボクたちが「スナップT」や〝シンチラ〞を応援しないでどうするんだと改めて気づかされた。

Tags
GO OUT編集部