ナンガ × エカルの新作ダウンアウターは、極限までステッチレスな都会顔。防風&撥水性も◎。

言わずと知れたセレクトショップ「URBAN RESEARCH(アーバン リサーチ)」が運営する長野県茅野市の宿泊施設「TINY GARDEN 蓼科」。

蓼科湖のほとりでキャンプ場も併設する大自然をバックに、街にもフィールドにも溶け込むアウトドアウエアを生み出しているのが「EKAL(エカル)」です。同ブランドのアウターを語るうえで外せない「NANGA(ナンガ)」とのコラボレーションが今季も登場。上質な羽毛を封入した都会顔な2モデルがエントリーしました。

ハイスタンドダウンジャケット ¥49500

“街で着るアウトドアウエア”をイメージして、ウール調のマットな表地を使って洗練された雰囲気に。高い位置に設けた襟、袖口のリブをはじめ、風の侵入を防ぐ数々のディテールを備えています。

マウンテンジャケット ¥66000

撥水性を備えたナイロンとコットンの混紡生地でクラシックな表情に。表面のステッチを極限まで取り除くことで、雨の侵入を最小限に抑えると同時にミニマルな佇まいに。

ともにナンガが誇る700フィルパワーの上質なダウンを採用したうえ、スマートな印象を与えるヘビーアウターに。アウトドアシーンとタウンユースの要素を絶妙に取り入れたエカルらしいダウンジャケットは現在発売中です。


(問)アーバンリサーチ オンラインストア tel:050-2017-9011 www.urban-research.jp/shop/urban-research/

Tags
Shohei Kuroda