極寒もへっちゃら!? 外遊び人たちの冬キャンプ服拝見。

11月末、山梨はほったらかしキャンプ場で、キャンパーたちの冬服をスナップ! 寒さが本格化してきたフィールドで、冬キャンプも難なく乗り越えられるような防寒コーディネートを探してきました!

取材時はアウトドアブランドが多く集まる「OUTDOOR THINGS CAMP(アウトドアシングスキャンプ)」も開催しており、フィールド慣れしたアウトドア業界人から、遊びに来ていたキャンパーまで、外遊び人たちの防寒服を拝見!

Table Of Contents : 目次

古着リメイクのボアベストが、コーデに暖かさとアクセントをプラス。

伊藤 裕治郎さん/自営業

家族でほったらかしキャンプ場に遊びに来ていた伊藤さん。「寒い季節に、家族でキャンプ来るのは初めて」と、家族みんなでしっかり防寒コーディネートを組んでいました。

アウターはダウンジャケットなどではなく、「patagonia(パタゴニア)」の「メンズ・ローン・マウンテン・スリーインワン・ジャケット」。着脱可能な中綿ライナーがつき、3通りの着方ができるアイテム。「丈が長めで、防風性もあるので、とても暖かいです。」

アウターの中から顔を出していたのは、暖かそうなボアのアウトドアベスト。三軒茶屋の古着屋「US(アス)」オリジナルのリメイク古着だそう。「バブアーのボアライナーがベースをベースにしているベストで、とても暖かい上に、他の人と被らないところもお気に入りです。」

身体の保温とビールの保冷を同時にこなす、遊びゴコロ満載アウターが主役。

村田 将さん/grn outdoorデザイナー

アウトドアシングスに出店していた、GO OUTでもお馴染みのアウトドアブランド「grn outdoor(ジーアールエヌ アウトドア)」のデザイナー村田さんは、上下共に自ブランドの新作ウィンターウエアでコーディネート。暖かさはもちろん、ジーアールエヌらしいキャンプにも嬉しいギミックを豊富に搭載!

防寒の主役となるのは、「TEBURA DOWN JACKET」。750フィルパワーのダウン、6040クロスの生地を採用し高い保温性と防風性を持ったダウンジャケット。暖かさもさることながら、多数のポケットによる収納力も抜群とのこと。「収納は外側だけでなく内側もたくさんついていて、合計で21個のポケットがついています。」

ポケットの一つに、缶ビールを入れておける「ビアポケット」が。このポケットの内側はシルバーの保冷シートになっていて、ビールをキンキンにキープできます。「素手で缶を持つ必要がないので、手が冷たくなることもありません」。

頭には、ネオンカラーが存在感抜群のビーニー。ベリーショートヘアの村田さんには必須のアイテム。「ウールのちくちくがあまり好きじゃないので、アクリルが被りやすくていいですね。」

こちらのフリースパンツもジーアールエヌの新作だという。「このフリースパンツには、生地の間にフィルムが入っていて防風性もあります。バイクを乗る時にもちょうどいいです。」

暖かさと動きやすさを両立させた、中綿入り半袖半ズボン。

福田 圭佑さん/WEEKEND(ER) 営業

こちらもアウトドアシングスに出店中だった「WEEKEND(ER)(ウィークエンダー)」の福田さん。目を引く半袖半ズボンのセットアップは「DAN-TEN(ダンテン)」のもの。「ダンテンは日本の伝統的な生活着である、半纏(はんてん)を現代的解釈したブランドです」。

「ハーフスリーブが動きやすくて、キャンプで着ていてもとても楽です。再生ポリの中綿が入っていて暖かさもあります。」リバーシブル仕様で、表のキルト生地に対し裏面はシンプルな生地感。気分によって見た目を変えられるのも嬉しいポイントです。

福田さんがブーツの下に履いていたのは、「ASHITABI(アシタビ)」のウールソックス。日本一の靴下産地、奈良県生産のソックスブランドです。「冬キャンプでは、ウールの靴下をはいて足元を防寒するようにしています。」

冬のキャンプ場を乗り切るためのアイテムチョイス。

田口 美郷/ほったらかしキャンプ場 代表

ほったらかしキャンプ場で代表を務める田口さん。「このキャンプ場でも、最低気温ー7〜8度という日もあります。温泉から上がってきて気づいたら髪の毛が凍ってしまう寒さです。」極寒を幾度となく経験している田口さんは、高機能中綿ジャケットを中心に、小物類でも暖かさを意識したコーディネートに。

アウターは、チェコ生まれのハイパフォーマンスアウトドアブランド「Tilak(ティラック)」の「スバルバードジャケット」。表地は防風性に優れたゴアテックス インフィニアム、中綿はダウンにも負けず劣らずの高機能化繊綿クリマシールドを採用した高機能アウターだ。「このジャケットは、結婚20周年の記念に妻からのプレゼントでもらいました。」

「極寒環境では、体の末端や、首を温めておくことが重要です。」田口さんが被っていたのは、「PENDLETON(ペンドルトン)」と「TAION(タイオン)」のコラボキャップ。ダウン入りで暖かい上に、裏地もメルトン生地で被り心地も◎。リバーシブル仕様で、柄の生地を表にしてかぶることも可能です。

足元はレザーのブーツで、歩きやすさを保って防寒対策。「クラークスのブーツで、もう随分長く履いています。」キャンプ場を歩き回る上では、中綿シューズよりトレッキングブーツの方が向いているとのこと。

12 >
Tags
GO OUT編集部