今冬の本命アウター最有力候補! マーモットの極上ダウンは、ミリタリーの難燃素材で仕上げた傑作。

pr

秋口に差し掛かり、各ブランドの機能美アウターが出揃うなか、一際注目を集めているのがMarmot(マーモット)の最新ダウンアイテム。

本格的なアウトドアブランドならではのハイスペックな機能性はそのままに、洗練されたデザインを追求することで、アーバンな着こなしにも対応する一着に仕上げられている。

さらに、アメリカの難燃ブランド「DRIFIRE OUTDOOR」とのコラボレートにより、米兵向けに開発された本格派難燃素材“モダクリル”を採用。火の粉にも強く、自己消化を促す性能もあるため、焚き火も安心して楽しむことが可能。

Table Of Contents : 目次

90年代の名作モデルを、タフな生地でリサイズ。

バーナビーパルバットパーカ ¥55000

そんなミリタリー発祥のタフな生地を取り入れながらも、デイリーで使えるスタイリッシュなダウンジャケットが、バーナビーパルバットパーカ。

90年代のべースキャンプ向けに需要の高かったヘリテージモデル、パルバットパーカをサンプリングしたデザインで、今のキブンにマッチしたトレンド感のあるシルエットにリサイズされている。

もちろん保温性も最強スペック。”ダウンディフェンダー”と呼ばれる特殊な撥水加工を施した750FPのダウンを封入し、首周りもダウンチューブで覆うことで、襟元からの冷気の侵入をシャットアウトする。
リップストップの表地は撥水性にも優れているため、少しくらいの雨なら気にしないで着用できるし、保温力が低下することもない。シンプルなデザインながら、ポケットの配置も機能的。
裏面はダウンステッチが施され、ダウン量の偏りを軽減。さらに大きなメッシュポケットを備えているため、さりげなく収納力も高い。
袖部分には、「DRIFIRE OUTDOOR」のロゴも刺繍。無骨なデザインながら、ボディと同系色なので、ほどよいアクセントに。

レディースモデルは、ミニマルなカラーレスジャケット。

ウィメンズバーナビーカラーレスジャケット ¥28600

装飾を省いたソリッドなカラーレスジャケットは、レディースのアイテム。こちらも「DRIFIRE OUTDOOR」の“モダクリル”を採用しているため、焚き火シーンでも気軽に羽織ることができる。

もちろんメンズのジャケット同様に、撥水加工の“ダウンディフェンダー”を施した750FPのダウンを封入。それでいてボリュームが抑えられているため、スッキリしたシルエットになっている。

ミニマルなデザインとリラックスフィットが魅力のカラーレスダウンジャケットは、キャンプからワンマイルまで活躍する一着。スタイルを選ばずに使えるので、プレゼントにも最適。

セットで揃えたいボアワークキャップも狙い目。

バーナビーボアワークキャップ ¥6820 

そんな難燃仕様のダウンアイテムとセットで使いたいのが、バーナビーパルバットパーカと同素材を採用したボアワークキャップ。そのため難燃性と撥水性を兼ね備え、幅広いフィールドで活躍する。

跳ね上げ式の耳あて部と帽子内側の素材は、保温性の高いシープボアフリースを使用。後部のゴムスピンドルでサイズを自由に調整でき、耳当てを下ろせば極寒対応に。

アーバンなダウンアイテムで、外遊びもスタイリッシュに。

マーモットの洗練されたダウンアイテムは、街だけでなくフィールドでもスマートに着こなすことが可能。

日常でアーバンアウトドアスタイルを楽しみつつ、キャンプや焚き火も安全かつ快適に満喫できるので、アクティブ派なら今冬の本命アウターとして選んで間違いなさそうだ。

2022年10月上旬の発売に先駆け、9月28日(水)より公式サイト『DESCENTE STORE オンライン』で先行予約販売を実施しているので、チェックしてみよう。


(問)デサントジャパン お客様相談室 tel:0120-46-0310 store.descente.co.jp/marmot/feature/drifireoutdoor/

Tags
Masatsugu Kuwabara