G-SHOCK初号機のDNAを受け継ぐデジアナモデルが、Bluetooth通信搭載&フルメタル化。

Shinya Miura

G-SHOCK(Gショック)」の初代モデル「DW-5000C」のコンセプトを受け継ぎ、2019年にデビューした人気デジアナモデル「GA-2100」シリーズ。ブランドのアイデンティティである耐衝撃構造を、薄型ボディで実現しているこのGA-2100をフルメタル化したうえで、スマートフォンリンクも搭載した新モデルが登場した。

(右)GM-B2100D-1AJF ¥71500/(中央)GM-B2100BD-1AJF ¥80300/(左)GM-B2100GD-5AJF ¥80300

「GA-2100」のフルメタルモデルは、スクリューバックケース、ベゼル、バンドにステンレスを採用。G-SHOCKの初代モデルにも採用された八角形のベゼル形状や、バンドのディンプルデザインも継承したシンプルデザインは往年のGショックファンにも嬉しい。

IP処理されたカラーは、美しい輝きを放つシルバー、精悍な表情のオールブラック、ファッショナブルなローズゴールドがラインアップしている。

見た目にもタフネスを感じさせるステンレス製ベゼルは、手間のかかる鍛造・切削・研磨加工を経て、立体的に成形し、天面を円周状のヘアライン、斜面をミラー研磨で美しく仕上げるなど、手が込んだフィニッシュになっている。

カシオ山形工場の微細加工技術による繊細な造形と、蒸着加工を施すことで高い質感に仕上げたという文字板にも注目だ。

タフソーラーや高輝度なダブルLEDライトなどの実用的な機能はもちろん、スマートフォンリンクも搭載しているので、Bluetooth®通信機能により専用アプリと接続し、時刻情報を取得し正確な時を刻んでくれる。

また、高密度実装技術によりスリムで高機能なモジュールを搭載することで、薄型化を実現しているので、着け心地もバツグンの1本に仕上がっている。


(問)カシオ計算機 tel:03-5334-4869  gshock.casio.com/jp/

Tags
Shinya Miura

オススメアイテム