米軍の名作を街仕様に。拡張機能も面白い、新鋭「マコール」のリメイクバックパック。

Shohei Kuroda

本格的なレスキュー関連のアイテムを製造するファクトリー・キャニオンワークスが手掛ける「MACOLE(マコール)」。災害現場で培われた物作りをバッグにフィードバックする、他にはないプロダクトを展開する同ブランドから2022年の春夏モデルがリリースされました。

Differ pack ¥25300

1970年代から90年頃に野戦向けの装備として採用され、現在でも訓練などに使用されているアメリカ軍の名作“アリスパック”をタウンユース仕様にモディファイ。取り外し可能なウエストベルトを組み合わせるとショルダーバッグやウエストポーチに。

Vest bag ¥9350

衣類のベストがデザインソースで、アウトドアでも使えるように機能的なポケットを装着。生地の繋ぎ目にリフレクター素材を配置することで夜間での視認性を確保。

Spread PT ¥13200

登山の際に使用する軽量コンパクトハーネスをベースにしたヒップバッグ。テーピングを中心に構成してギア感を出しつつ、日常使いに適したポケットを配置。

Packable daypack ¥8250

携帯性に優れるパッカブルタイプのデイパック。折り畳み式でありながらもサイドポケットを備えて収納力を追求。

軍モノの名品を街のフィールドに落とし込んだり、ベストを半身のバッグにアレンジしたりと、コンセプトである“非日常から日常に”を具体化したモデルがラインナップ。レスキューの世界観がデイリーに感じられるバッグが、街やアウトドアで存在感を放ってくれます。


(問)キャニオンワークス tel:0246-36-1102 https://macole-store.com

Tags
Shohei Kuroda

オススメアイテム