外遊びの達人たちが愛用する、大収納バッグを拝見。

たくさんのキャンプギアをまとめて運搬できたり、インドアでの収納ギアとしても活躍したりと、最近なにかと注目を集めている大容量バッグ。

こちらの特集でもたくさんの注目モデルを紹介しましたが、今回は、外遊びの達人たち4名が愛用する、さまざまなスタイルの“デカい”バッグを拝見。大容量バッグにあわせて収納スタイルも参考に、お気に入りギアをどっさり詰め込んでフィールドにGO!!

嶋田さんの愛用する、大容量バッグ

嶋田哲也/muroffice PRマネージャー

ファッションからアウトドアまで幅広いブランドのPRを請け負うムロフィスの重鎮スタッフ。5年ほど前にトレランにハマり、そこから各地の大会にも出場中。「秋冬は信越五岳のペーサーとハセツネ70に出る予定です」。

ムロフィスの嶋田さんが、トレランの大会で遠征するときに頼りにしている相棒が、ザ・ノース・フェイスの名作モデル、BCダッフル。100マイルレースに対応する装備を中心に、必要なアイテムをまとめて収納している。

「着替えはもちろん、シューズからトレランザック、ポールまで、ギア関係もまとめて入れているけど、とにかくタフなので安心感があります」。

■THE NORTH FACEのBC ダッフル M

ザ・ノース・フェイスの定番品、ベースキャンプダッフルシリーズ。濡れや汚れに強い、TPEファブリックラミネート素材を採用。こちらはMサイズで容量は71L。Lサイズは95L、最大はXXLサイズで150Lを用意。

ベースキャンプダッフルは大きな1 気室のため、シューズや着替えは、それぞれスタッフサック等にまとめて収納。「大きな開口部は、暗い場所でも中身が確認しやすいのも利点です」。

徒歩で移動するときはバックパックスタイルが基本。両サイドのデイジーチェーンにカラビナで荷物を外付けできるのも機能的で重宝する。「移動中に飲みたいドリンクや汚れたサンダルは外にセットしてます」。

ベーシックで機能的な定番ダッフルは、トレラン遠征に欠かせないタフな相棒。

ダッフルだけどバックパックとしても使える2WAY仕様も魅力のひとつ。

「大会のベース基地までの移動で歩くことも多いから、状況に合わせて背負ったりできるのも便利。あとは開口部が広いのも、野外で使いやすいポイントかなと。今は、もうひとつ上のLサイズの、95Lモデルも狙っています。それにはキャンプ用品もまとめたいですね」。

 

内田さんの愛用する、大容量バッグ

内田隆法/Ballistics 営業

セレクトショップのWEBスタッフを経て、バリスティクスの営業担当に就任。プライベートではキャンプ、サバゲー、カヤック、パックラフトなど、多くのアクティビティを楽しんでいる多趣味人&ギア好きとしても知られる。

ミリタリーやヴィンテージの無骨なアウトドアギアを多数愛用する内田さん。週末はフィールドにお気に入りのギアを持ち込み、野営キャンプを楽しんでいるが、そんなときに重宝しているのが、バリスティクスの浅型ソフトストレージ。

「今季の新作モデルで、春からサンプルのテストを繰り返しているけど、小型のキッチンツールをまとめるのに、ちょうどいいサイズ感なんですよ」。

■Ballisticsのニューギアコンテナ(YJSケース)

イワタニのホットプレート『焼き上手さんα』がフィットするサイズに仕上げた、底浅のスクエアシルエットが特徴的。タフなナイロンベルトとともに、上部にはポールなどを取り付けられるループも付いている。30L。

バリスティクスの新作ストレージに、マウンテンリサーチのアナルコカップやMSRのウインドバーナーなどを収納。「散らかりがちなキッチンツールをまとめてキレイに収納できます」。

上部にストラップ、両サイドにハンドルが付いているため、クルマへの積み込みもラク。「広さはあるけど、深さはそこまでないから、クーラーボックスやコンテナの上に重ねても邪魔にならないのがいいですね」。

ミリタリー仕様のソフトコンテナに、無骨なギアを入れて野営キャンプへ。

じつは、こちらのアイテムは大人気のホットプレート『焼き上手さんα』を収納するために企画されたモノ。

「ボクもそうだけど、『焼き上手さんα』を使わないヒトにもおすすめ。内側がターポリン仕様だから、汚れを気にしないでいろんなギアが入れられるし、ミリタリーのルックスはサイトのアクセントにも最適です」。

外遊びの達人たちは、次ページへ続きます。

 

12 >
Tags

オススメアイテム

RANKING

SNAP

MEMBERS

GO OUT ID GO OUT IDとは?

WEBニュースのメールマガジン登録はこちら

STORE

RECOMMENDED ITEM

MAGAZINE

BESSの家〜お宅訪問編〜
電子書籍の購入はこちら
thegoout