ジープ・ラングラーに、”ミリタリー“がテーマの限定車が登場!

12月7日、FCAジャパンはジープの本格オフローダー「ラングラー」に、ブランドのルーツである“ミリタリー”をテーマにした限定車「ラングラー・アンリミテッド・サージグリーン」を設定し、同日発売した。

税込車両価格は「ラングラー・アンリミテッド・サハラ・サージグリーン」が595万円、「ラングラー・アンリミテッド・ルビコン・サージグリーン」が631万円で、発売台数は限定300台だ。

ミリタリーユースとして開発された「ウィリスMB」を彷彿とさせる「サージグリーンC/C(クリアコート)」をボディカラーに採用

ラングラーの前身である「ウィリス」時代を含め、約80年の歴史を持つSUV専門ブランド、ジープ。限定車ラングラー・アンリミテッド・サージグリーンは、その起源である“ミリタリー”をテーマに、特別なボディカラーや装備を採用した限定車。

ベース車は、快適性を高めた上級グレードの「アンリミテッド・サハラ3.6L」、およびラングラーのなかでも際立ったオフロード性能を誇る「アンリミテッド・ルビコン」の2グレードで、前者をベースとするモデルが200台限定、後者をベースとするモデルは100台限定となる。

限定車のボディカラー「サージグリーンC/C(クリアコート)」は、カタログモデルには設定のない深みのあるグリーンで、ミリタリーユースとして開発された「ウィリスMB」を彷彿とさせるものとなっている。

一方、内装は両モデルともブラックレザー仕様とされ、引き締まった印象と共に上質感が感じられる仕立てだ。

さらにこの限定車では、純正ハイパフォーマンス・アクセサリーなどを手掛ける米国Mopar(モパー)チームが日本専用にデザインした「パラシュートマン」のステッカーをフロントフェンダーに貼付。

また、本格オフローダーを誇示する背面タイヤには、アーミーマンならびにウィリスMBをモチーフとしたウィリス・スペアタイヤカバーが特別装備される。

■ジープ公式WEBサイト「ラングラー・アンリミテッド・サージグリーン」https://www.jeep-japan.com/special_models/wrangler-sarge-green.html

 

モーターファン ロゴ

その他クルマに関する記事なら、姉妹サイト「モーターファン」をチェック!!

 

Tags

RANKING

SNAP

MEMBERS

GO OUT ID GO OUT IDとは?

WEBニュースのメールマガジン登録はこちら

STORE

RECOMMENDED ITEM

MAGAZINE

BESSの家〜お宅訪問編〜
電子書籍の購入はこちら
thegoout