シトロエンから、3列7人乗りの「ベルランゴ ロング」が登場!

ステランティスジャパンは1月18日、シトロエンのベストセラーMPVであるBERLINGO(ベルランゴ)に、3列7人乗りロングボディバージョン「BERLINGO LONG(ベルランゴ ロング)」を設定し、同日発売した。税込車両価格は443万3000円〜455万4000円。

Table Of Contents : 目次

標準ボディ比で約27%増となる広大な空間により、様々なアクティビティのニーズに応えられる7シーターMPV!

ステランティスジャパンは1月18日、シトロエンのベストセラーMPVであるBERLINGO(ベルランゴ)に、3列7人乗りロングボディバージョン「BERLINGO LONG(ベルランゴ ロング)」を設定し、同日発売した。税込車両価格は443万3000円〜455万4000円。

ベルランゴは2020年10月の日本導入以来、シトロエンの国内販売台数の約半数を占めるベストセラーモデル。ユニークなスタイル、優れたユーティリティやドライバビリティ、そして快適性など、シトロエンが提供する価値がファミリーユースをはじめ、趣味や仕事のパートナーとして幅広い層に支持されている。

ベルランゴ ロングの全長は4770mmで、ホイールベースは2975mm。この値は、標準ボディのベルランゴよりそれぞれ、365mm、190mm長い。そんなベルランゴ ロングは3列目シートが前後にスライドできることや、ゆとりのあるヘッドクリアランスにより、大人も寛げる十分なスペースを確保している。なお、ボディの全幅は標準ボディと同じ1850mmで、全高は標準ボディに+20mmとなる1870mmだ。

3列目シートを取り外し、2列目シートを折りたためば、最大2693ℓの大容量ラゲッジスペースが出現。標準ボディ比で約27%増となる広大な空間により、様々なアクティビティのニーズに応えられる、7人乗りのピープルムーバーなのである。

※写真は本国仕様。日本仕様は全車右ハンドル

エクステリアは、ベルランゴのユニークなスタイルをそのままに、落ち着きのあるヨーロピアンデザインとなっている。上方に開口するリヤゲートにより、雨天時に荷物が濡れることも、風に煽られることもない。車両の後ろにスペースの制限がある場合でも、ガラス部分だけをコンパクトに開けてラゲッジにアクセスすることが可能だ。また、リヤゲート上部にはスポイラー(ブラック)が装着されている。

ボディカラーは、SHINE XTR PACKがブランイシ(ホワイト系)、グリアルタンス(グレー系)、グリプラチナム(ブラック系)の3色で、SHINEはこれにディープブルー(ネイビー系)を加えた4色を設定している。

パワートレインは標準ボディと同様に、定評のある1.5ℓ直列4気筒ターボのクリーンディーゼルエンジン(130ps/300Nm)と電子制御式8速AT「EAT8」の組み合わせ。ディーゼルとは思えない軽快な吹け上がりとドライバビリティ、低回転からの高トルク、そして最新の排気浄化システムによる極めて高い環境性能を誇る。なお、WLTCモード燃費は標準ボディと同じ18.1km/ℓと発表された。

グレードは、SHINE(税込443万3000円)とSHINE XTR PACK(税込455万4000円)の2種類。基本装備は標準ボディのSHINEおよびSHINE XTR PACKに準じたもので、上級のSHINE XTR PACKには、17インチホイール&タイヤ、前後バンパーのアンダーガード風デコレーション、オレンジマットのカラーパック、フロントドアバッジ、専用のシート柄、専用ダッシュボードおよびドアトリムを装備している。また、ベルランゴ ロングの両グレードには、縦列および並列駐車の出入りの際、ステアリング操作を自動で行うパークアシストが追加で装備されている。

東京・立川でデビューイベントを開催

同社ではベルランゴ ロングの発売を記念して、デビューイベントを開催。ベルランゴ ロングをはじめとするシトロエン最新のフルラインナップを展示するほか、試乗イベントも実施される予定だ。会場にはキッズスペースを用意するなど、家族連れで楽しめる内容となっている。

「BERLINGO LONGデビューイベント」概要
・開催日時:2月3日(金)〜2月5日(日)10:00〜19:00
・会場:グリーンスプリングス立川 パブリックスクエア/アトリウム/リビングルーム(東京都立川市緑町3−1)
・アクセス:JR中央線・立川駅徒歩8分/多摩モノレール立川北駅徒歩4分

その他クルマに関する記事なら、姉妹サイト「モーターファン」をチェック!!

関連記事

Tags
GO OUT編集部