ゴードンミラーに待望の新型車両! 無骨フェイスな軽バンが登場!

2023年2月、「GORDON MILLER(ゴードンミラー)」の車両レーベルである「GORDON MILLER MOTORS(ゴードンミラーモーターズ)」に、待望の新型車が仲間入りする。ダイハツ・ハイゼットカーゴをベースにした、同レーベル初の軽自動車だ。

現在発売しているラインナップは、ゴードンミラーモーターズ発足と同時に発表した、トヨタ・ハイエースがベースの「GMLVAN V-01」と、日産・NV200をベースにした「GMLVAN C-01」の2車種のみで、新型車の発売は実に4年ぶり。早速気になる中身を見ていこう。

GMLVAN S-01 2WD/660cc GASOLINE TURBO ¥3190000、4WD/660cc GASOLINE TURBO ¥3388000

先述の通り、本車両のベースとなったのは、ダイハツ・ハイゼットカーゴ。軽自動車では最大級の積載量を誇る商用車。運送業者もよく乗っているお仕事のクルマだが、ゴードンミラーの手によって、遊びゴコロ溢れる仕様に生まれ変わっている。

外見は、ゴードン ミラーの世界観を踏襲し、ボディはオリーブドラブとコヨーテカラーの2色展開。丸目ライトをはじめ、ボンネット、グリル、バンパー、フェンダー、ライト周りなど、顔立ちが刷新され、商用車の面影を感じさせない。既存の2車種と比べボディサイズが小さくなった分、無骨さの中にどこか可愛らしさも感じられる。

車内も、既存の2車種と同じく、無垢の天然木アカシア材を壁面や天井に採用し、温もりある雰囲気に。

荷室部には空間を有効活用できる収納式テーブル、天井には車内を明るく照らすLEDライト、夏場の日差しと冬場の冷気を遮断する遮光カーテンを装備。車中泊をはじめ、バンライフを十分に楽しめる仕様になっている。

軽自動車で懸念される走行性能に関しても、ベース車両がクルーズターボを採用しているので、キャンプ道具を多く積載している場合や、急な山道であっても安心だ。

その他、詳細なスペック及びギミックは、ゴードンミラーのオンライストアで確認できる。気になる方は、ぜひチェックしてみてほしい。

本車両は、2023年2月中旬より販売開始の予定。ここ数年盛り上がりを見せる軽バンのバンライフシーンで大きな注目を集めること間違いなしだ。


(問)ゴードンミラー www.gordonmillerpro.com

Tags
GO OUT編集部