トヨタのサブスク「KINTO」に中古車のサブスクリプションサービスが登場!

GO OUT編集部

トヨタ車のサブスクリプションサービスを展開している「KINTO(キント)」はこのほど、既存の新車のサブスクリプションサービスで使用されたクルマを活用し、7月27日より、中古車のサブスクリプションサービスを開始した。まずは東京から開始され、今後エリアを拡大していく見通しだ。

品質の高い中古車をリーズナブルな月額利用料で。中途解約にかかる解約金は不要

トヨタ車のサブスクリプションサービス「KINTO」は、既存の新車のサブスクリプションサービスで使用されたクルマを活用し、7月27日より中古車のサブスクリプションサービスを開始した。まずは東京からサービススタートし、今後エリアを拡大していく見通しだ。


KINTOは、ユーザーが気軽にクルマを利用できる選択肢として、新車のサブスクリプションサービスを2019年3月に開始した。そこから3年が経過し、使用されたクルマがKINTOに順次返却されるなかで、ユーザーの多様なニーズにさらに応えるとともに、こうした資産を最大限有効に活用するために、中古車のサブスクリプションサービスを始めるに至った。

今回のサービスでは、トヨタ正規販売店によるメンテナンスを実施した高い品質の中古車をラインナップし、新車よりリーズナブルな月額利用料と、中途解約にかかる解約金の支払いを不要にするフレキシブルなプランを通じて、多様なニーズにさらに応えていく。

新車のサブスクリプションサービスと同様、月額利用料のなかに、自動車保険や税金、メンテナンス代などの諸経費を含めたうえで、当該のクルマの年式や車型を踏まえ、新車よりリーズナブルに使える料金を設定。さらに、契約期間を2年としつつ、月額の約6カ月分に相当する申込金を契約の際に納めることで、中途解約にかかる解約金の支払いを不要に。こうしたプランを通じてKINTOは、ユーザーのライフスタイルを第一に、フレキシブルなカーライフの実現をサポートする。

同サービスの専用ウェブサイトでは、すでに10台以上の中古車がラインナップされている。参考例を挙げると、2020年式ヤリスクロスG(1.5ℓハイブリッド/2WD)で月額4万6750円(申し込み金28万500円)、2020年式ライズZ(1.0ℓターボ/2WD)で4万1250円(申し込み金24万7500円)だ。

●KINTO ONE(中古車)概要
・サービス開始日:2022年7月27日
・エリア:東京(今後順次エリアを拡大する予定)
・対象:トヨタモビリティ東京が運営するKINTO取扱い店舗にて、納車およびメンテナンスなどが受けられる方
・契約期間:2年(中途解約にかかる解約金は不要)
・対象車種:ルーミー、ヤリス、ライズ等の約10車種(今後ラインナップを拡大する予定)
・申し込み手順:専用ウェブサイトにて希望のクルマや、クルマを受け取る店舗を選択し、必要事項を入力のうえで審査に申込み。審査通過後は契約を完了させ、必要書類を準備して販売店にてクルマを受け取る。

その他クルマに関する記事なら、姉妹サイト「モーターファン」をチェック!!


(問)KINTO公式サイト kinto-jp.com/

Tags
GO OUT編集部