新型ダイハツ「ムーヴ・キャンバス」、2代目は愛らしい「ストライプス」と大人っぽい「セオリー」の2タイプで登場 。

GO OUT編集部

DNGA化とターボ仕様の追加で走りもブラッシュアップ

2022年7月5日(火)、「ダイハツ」はムーヴ・キャンバスを全面改良し、2代目にスイッチさせました。約6年ぶりのフルモデルチェンジで、初代は約38万台のスマッシュヒットを記録しています。

2代目にスイッチしたダイハツ・ムーヴ・キャンバス。

両側スライドドアを備えるハイトワゴンで、女性ユーザーをメインターゲットに据えたムーヴ・キャンバスは、男性ユーザーも含めて幅広い層から支持されているスーパーハイトワゴンのN-BOXや、同じダイハツでも子育て層を意識したタントなどとは異なり、高い利便性を備えつつ、ファミリーっぽくないパーソナル感も抱かせます。

新設定された大人っぽい雰囲気が漂う「セオリー」。

約5年遅れて登場した後発のライバル、ワゴンRスマイルは、登場以来、ワゴンRシリーズの販売を牽引しています。ハイトワゴンで両側スライドドアを備え、大人の女性を意識したこのクラスは、軽スーパーハイトワゴンほどではないにしても、軽マーケットの中で売れ筋になっています。

初代同様、両側スライドドアを採用する。

初代ムーヴ・キャンバスで鉱脈を探り当てたダイハツは、この2代目では、初代の愛らしさを踏襲する「ストライプス」、上質で落ち着いた雰囲気を醸し出す「セオリー」という2タイプを設定。初代よりもニーズが拡大するのを見据え、最新のアーキテクチャである「DNGA」がベースになり、50kgの軽量化を実現したそうです。

ターボエンジンも追加されたことで、走りにも磨きを掛けたとしています。なお、このターボ仕様の追加は、ユーザーからの要望が多かったそうで、高速道路はもちろん、郊外でもストレスのない走りが可能になるはずです。

質感の向上が図られた上質なインテリア。

また、使い勝手も磨かれています。両側スライドドアはもちろん、初代から好評だという「置きラクボックス」や保温機能を備えた「ホッとカップホルダー」など、利便性を高める多くの装備を用意。電動パーキングブレーキスイッチが新たに採用されるなど、操作性の向上も図られています。

ワイヤレス充電のQi規格に対応。

オーディオ関連では、ダイハツ初の10インチディスプレイをはじめ、「Apple CarPlay」やワイヤレス充電のQiにも対応。

安全装備も進化しています。最新のステレオカメラを使った先進安全装備の「スマートアシスト」の採用で、衝突被害軽減ブレーキはもちろん、ペダル踏み間違い防止機能、アダプティブクルーズコントロールも搭載。さらに、オプションで「ブラインドスポットモニター」、急アクセル時加速抑制システムの「プラスサポート」なども設定されています。

「セオリー」のリヤビュー。

コネクティビティでは、最新の「ダイハツコネクト」に対応しています。「スマートアシスト」の作動回数を過去7日分表示し、安全運転を促す「スマアシレポート」、ドアロック、ハザードランプの消灯などを忘れても通知してくれる「うっかりアシスト」などを設定。

ボディカラーは、新色の「アプリコットピンクメタリック」、「シトラスイエロークリスタルシャイン」を含めた全8色で、フレッシュなカラーや2トーンカラーも設定されています。

愛らしい雰囲気の「ストライプス」。

2代目となったムーヴ・キャンバスの登場により、スズキ・ワゴンRスマイルとの競争激化は必至で、実質的にはこの2代目からワゴンRスマイルとのライバル争いがスタートするといえるでしょう。ユーザーとしては魅力的な選択肢が揃ったことになります。

(文:塚田 勝弘)

その他クルマに関する記事なら、姉妹サイト「クリッカー」をチェック!! 

Tags
GO OUT編集部