スズキ・ハスラーに、もっとアウトドアスタイルな特別仕様車「J STYLEⅡ」を新設定!

GO OUT編集部
ハスラー特別仕様車「J STYLEⅡ」

5月9日、スズキは、軽乗用車「ハスラー」を一部仕様変更するとともに、特別仕様車「J STYLEⅡ」を設定し、5月23日より発売することを発表した。

Table Of Contents : 目次

ACCをハスラー全車に標準装備

今回の仕様変更では、全車速追従機能付きのアダプティブクルーズコントロール(ACC)と車線逸脱抑制機能がハスラー全車に標準装備されたほか、狭路でのすれ違い時の接触防止をサポートするすれ違い支援機能※1の設定や、HYBRID GターボにLEDヘッドランプ※2が追加されるなど、安全装備が充実させられている。HYBRID X、HYBRID Xターボには、USB電源ソケットと時間調整付フロント間欠ワイパーが装備された。

車体色は、新たに採用されたソフトベージュ2トーン仕様車に「コーラルオレンジメタリック」が設定され、全13パターンとなっている。さらに、2トーン仕様車のバンパーガーニッシュをボディー同色からルーフ同色に変更するなど、より個性的で遊び心が詰まったデザインになっている。

レザー調&ファブリックシート
インパネ

専用メッキフロントグリルの「J STYLEⅡ」

特別仕様車「J STYLEⅡ」は、HYBRID X、HYBRID Xターボをベースに、専用メッキフロントグリルやHUSTLERアルファベットエンブレム、チタニウムグレーのインパネカラーガーニッシュなどの専用装備が採用され、よりアウトドアに特化したアクティブな遊び心のある印象を受ける。車体色は、特別仕様車専用のウッディブラウン2トーンが採用されたほか、ソフトベージュ2トーン仕様車に「アーバンブラウンパールメタリック」を設定するなど、全8パターンと充実。また、スズキとして初めて「ナノイー X」※3をフルオートエアコンに搭載するなど、装備の充実を図っている。

専用メッキフロントグリル
ツートーン仕様のルーフとルーフレール

「ハスラー」は、経済産業省や国土交通省などが普及を推進する「サポカーS ワイド」※4、国土交通省による「衝突被害軽減ブレーキ(AEBS2)認定車」※5、「ペダル踏み間違い急発進抑制装置(PMPD)認定車」※5に該当する。

特別仕様車「J STYLEⅡ」は、5月23日より発売される。

ハスラー特別仕様車「J STYLEⅡ」
ハスラー HYBRID X
  • 【注釈】
  • ※1 全方位モニター付メモリーナビゲーション装着車に設定。
  • ※2 HYBRID Gにはメーカーオプション設定。
  • ※3 「nanoe」、「ナノイー」及び「nanoe」マークは、パナソニックの商標。
  • ※4 衝突被害軽減ブレーキなどの先進安全技術をはじめとする一定の運転支援機能を備えた車(安全運転サポート車。略称・サポカー)のうち、ペダル踏み間違い時加速抑制装置などを搭載することで特に高齢運転者に推奨される「サポカーS」の区分のひとつ。「サポカーS ワイド」は、衝突被害軽減ブレーキ(対歩行者)、ペダル踏み間違い時加速抑制装置、車線逸脱警報、先進ライトを搭載する車。
  • ※5 事故防止対策の一環として、衝突被害軽減ブレーキ、ペダル踏み間違い急発進抑制装置が一定の性能を有していることを国土交通省に認定された車。

その他クルマに関する記事なら、姉妹サイト「モーターファン」をチェック!!

Tags
GO OUT編集部