AMJ×GO OUTのコラボによる、バンライフを楽しめる1台だけのカスタムカー完成【GO OUTコラボフェス2022年夏 開催中!!】

Shohei Kuroda

愛車に乗って思うがままに各地へと足を運び、広々とした後部のラゲッジルームで眠りにつく。そう、男なら一度は憧れるのがバンライフです。

「その自由なアウトドアライフに相応しいクルマとは?」を突き詰めるべく、GO OUT Onlineの「夏のコラボフェス」にて2014年に設立された実力派のカスタムカー専門店「AMJ(エーエムジェイ)」とコラボレート。

外遊びの要素がふんだんに盛り込まれた、たった1台だけのオンリーワンなカスタムカーが完成しました。

VANACE type2 GO OUT LIMITED+NATAL DESIGN×NANGA「Envelope Sleeping Bag Lux 600」

AMJの人気シリーズである“ヴァナス”がベースで、1990年代に日本に上陸を果たした“VWヴァナゴン”がモチーフに。ヤングタイマーを代表する名車のレトロ感はそのままに、バンライフを快適に過ごすためのディテールが随所に落とし込まれています。

Table Of Contents : 目次

フロントとリアに採用した別注だけのシートカバーが機能的!!

シートカバーにはコラボフェスのために、英国軍が開発した超高密度防水素材・ベンタイルクロスを採用。別注だけのスペシャルな仕様によって、ソリッドな印象を空間に与えると同時にタフな使用にも対応してくれます。
フロントのシートには3mm厚のウレタンをインサート。程よく身体が沈み込む弾力性を与えることで、長時間の運転でもストレスを軽減してくれます。
一方のリアシートはシューズが濡れたり汚れたりしても安心して座れるよう、カバーを足元までの長さにアレンジ。しかも取り外しができるため、屋外でグランドシートとして使ったり、ラゲッジルームに広げたりとあらゆる使い方が可能に。

レトロな佇まいでありながらも引き締まった印象に。

アースカラーを基調としながらも、ロッカーパネルをブラックで塗装した2トーンな配色に。角ばったフェイスと丸目4灯のレトロなデザインですが、新型車にも旧車にもない独創的なルックスに仕上がっています。
ベースとなった車体は2015年式による4WDタイプのハイエース。世界各国で愛され続けるトヨタの代表作を使っているため、あらゆる陸路をタフに快走してくれます。

こだわりのディテールにフォーカス。

天然ウッドを削り出した細身のオリジナルステアリング。握りやすくて快適な操作性を生み出したほか、3本のスポークがレトロな雰囲気を醸し出すのに一役買っています。
ラゲッジルームは天井と床に無垢のウッドをレイアウトして木の温もりを演出。そのまま使えば経年変化でツヤ感が出るうえ、自分好みにペイントできるのも魅力的。
ヴァナスとAMJのオリジナルエンブレームが並んだテールゲート。オリジナリティあふれるバックスタイルもソソられます。

貴重な極上のスリーピングバッグで夜の睡眠を快適に演出。

GO OUTが考える最高のバンライフを叶えるべく、以前にナンガとネイタルデザインとコラボしたトリプルネームの寝袋をセットに。L字のジッパーを開くと広々としたブランケットになる2WAYデザインで、パートナーと並んで膝に置けばより暖かさが実感できます。本企画だけに付属するスリーピングバッグはもうに2度と手に入らない貴重なアイテムです。
使用しないときはスタッフサックに収納するとコンパクトな形状に。また、上質な羽毛が上下に移動できるバッフル構造に仕上げているので、例え足元が冷えたとしても安心。温めたい場所を効果的に保温してくれます。これさえあれば睡眠がより快適になり、毎日の夜にいい夢が見られそうです。

キャンパーの相棒的クルマともいうべきモデルはGO OUT Onlineコラボフェスティバルにて販売。世界でも希少な現在進行形のバンライフにフォーカスした限定1台のカスタムカー。このクルマに乗って日本各地を巡ることで、プライスに見合った価値観が見い出せるはずです!!

※商品詳細ページにある注意事項とコラボフェスの注意事項を必ずお読みのうえ、お問い合わせください。


■GO OUT Online 夏のコラボフェスティバル2022
4月28日(木)12:00注文受付開始 /5月29日(日)23:59注文受付終了
※数量限定のものは売り切れ次第終了となります。

【コラボフェス特設サイトはこちらから】

Photo/Sosuke Shimizu

Tags
Shohei Kuroda