新型トヨタ・ランドクルーザーが遂に発売! 初登場の「GRスポーツ」も要注目!!

2021年8月1日に70周年を迎えたトヨタ・ランドクルーザー。その翌日に新型ランドクルーザー(300系)が発売されました。搭載されるパワートレーンは、415PS/650Nmの3.5L V6ツインターボガソリンエンジン、309PS/700Nmの3.3L V6ツインターボディーゼルエンジン。

組み合わされるトランスミッションは「Direct Shift-10A」で、ガソリン、ディーゼル向けにそれぞれ駆動力特性と変速タイミングが最適化されています。

「GR SPORT」のエクステリア

ガソリンエンジンモデルは、2列5人乗りの「GX」のほかは3列7人乗り仕様で、価格帯は510万円〜770万円。ディーゼルエンジン仕様は2列5人乗りのみで、「GR SPORT」が800万円、「ZX」が760万円です。

「GR SPORT」は専用の内外装、世界初採用の「E-KDSS」を搭載

注目は、新設定される「GR SPORT」でしょう。

「GR SPORT」のリヤビュー

エクステリアは、専用となるラジエーターグリル、フロントバンパー、リヤバンパー、ホイールアーチモール(ブラック)、リヤトヨタエンブレム(アクリル+ブラック)、リヤマッドガード、18インチアルミホイール(マットグレー塗装)、エンブレム(フロント・サイド・リヤ)、バックドア下端デカール、ロッカーモール(ブラック)、専用車名エンブレム(ブラック塗装)、アウトサイドドアハンドル(ブラック塗装)、ドアミラー(ブラック塗装)が用意されています。

「GR SPORT」のインテリア

インテリアも専用装備が数多く用意されています。本革巻きステアリングホイール(切削カーボン調加飾・GRエンブレム付)をはじめ、オープニング画面(T-Connectナビ装着時)、フロントシート(GRエンブレム付)、インテリア加飾(切削カーボン調パネル)、専用内装色(GR専用ブラック/GR専用ブラック&ダークレッド)、専用スマートキー(GRエンブレム付)が備わります。

「GR SPORT」のスタビライザーロック時のイメージ

足まわりも専用になり、世界初採用になる「E-KDSS」は、電子制御でスタビライザー効果を変化させるデバイスで、街中での走行安定性とオフロードの走破性を高次元で両立させるサスペンション制御システムを装備。

また、フロントには、リヤに加えてフロントにも電動デフロックが搭載され、様々な悪路環境下で、より優れた走破性を発揮するそうです。

(塚田 勝弘)

その他クルマに関する記事なら、姉妹サイト「クリッカー」をチェック!! https://clicccar.com/

 

Tags

RANKING

SNAP

MEMBERS

GO OUT ID GO OUT IDとは?

WEBニュースのメールマガジン登録はこちら

STORE

RECOMMENDED ITEM

MAGAZINE

BESSの家〜お宅訪問編〜
電子書籍の購入はこちら
thegoout