人気沸騰中の軽トラック型簡易キャンパー。充実装備のタフな1台を発見!

コイズミかるキャン ナゲット(展示車価格:240万円)

世情によって、ますます活況を呈しているキャンピングカー市場だが、昨今あるムーブメントが見え始めている。それは「軽トラベース簡易型キャンパー」だ。そんな中、タフな雰囲気と使い勝手のいい装備で目を引くモデルがある。それがコイズミのかるキャン ナゲットである。

フェイスリフト&リフトアップで軽キャンパーをスタイリッシュに遊ぶ

軽キャンと言えば、従来は軽バンベースか、軽トラでも後ろにシェルを積むタイプのものがスタンダードだった。しかし、ここ1年くらいで高感度なアウトドア派に軽トラが注目されており、荷台にオリジナル幌を張った簡易型や、パネルバントラックを利用した密閉型などが登場。さらにベース車に、リフトアップやフェイスリフトなどのカスタムを施し、スタイリッシュに乗るのがイマ風となっている。

こうしたキャンパーは、基本一人宿泊仕様と考えるのがいいが、コロナ禍の影響もあってソロキャンパーに引き合いがあるという。一見すると狭そうな軽トラの荷台だが、標準ボディでも180cm強、ジャンボ仕様であれば190cm強の最大長が取れるというから、一般的な日本人の体型なら十分快適に寝られるだろう。

さて、そんな中で思わず「カッコいい!」と唸ったモデルが、今回紹介するコイズミ「かるキャン ナゲット」だ。

中古車をベースに制作されるかるキャン ナゲット。仕様により価格は変動する。フォードF150ラプターをモチーフにした「ベビトラK・150コンプリートカー」がベースになっている。

名前は何だか可愛らしいが、見た目はラギッドで男心をくすぐる。ベースはスズキ・キャリィトラックかマツダ・スクラムトラックで、これに広島のドリブンというカスタムブランドが発売している「ベビトラ・K-150コンプリートカー」をベースに、そして「DブロイBOX」というフレームと箱が組み合わさったパーツが付いている。

リヤには収納式小型テントを装着。シャワールームとして利用可能。
小型テントはこんなにコンパクトに収納できる。

これだけも、もはや十分にバエるのだが、さらに人気商品「ジェームス・バロウド」のルーフテントが装着されており、日本テイストのオーバーランド仕様となっているのだ。DブロイBOXにはスライド式のシンクが付いているため、別途にバーナーを搭載したり、ポータブル電源などを持っていけば、快適なオートキャンプができるというわけである。

ジェームズ・バロウドのルーフテント。大人2人が就寝できる。
スライド収納式のシンクを内蔵するDプロイBOXを装備。

かるキャン・ナゲットは快適であるというだけでなく、環境への配慮も忘れてはいない。キャンプで出たゴミやポータブルトイレを収納するスペースが考えられており、宿泊地へのインパクトを最小限に抑えることができるのだ。それゆえ、自然災害時のボランティア活動にも最適だと、コイズミはアピールしている。

密閉空間には生ゴミやポータブルトイレの収納に最適。

ちなみに写真の車両は豪華仕様なので240万円の乗りだし価格(車両代込み)となっているが、仕様によって価格は変わってくる。また、中古の軽トラを持ち込んで架装することも可能なので、低コストに抑えることもできる。世の中的に、ヘビーデューティな香りがするモノが嗜好されている傾向にあるが、かるキャン ナゲットはドンピシャの1台と言えるだろう。


■コイズミ https://www.coizumi.jp/

その他クルマに関する記事なら、姉妹サイト「モーターファン」をチェック!!

 

Tags

RANKING

SNAP

MEMBERS

GO OUT ID GO OUT IDとは?

WEBニュースのメールマガジン登録はこちら

STORE

RECOMMENDED ITEM

MAGAZINE

BESSの家〜お宅訪問編〜
電子書籍の購入はこちら
thegoout