ジープ・コンパスに、4WDの「トレイルホーク」が152台限定で登場!

上級グレード「リミテッド」に匹敵する安全装備を用意。

ジープの「Compass(コンパス)」は、FFと4WDを設定するコンパクトSUV。2019年9月7日、タウンユースからオフロード走行までこなすオールラウンドな限定車「Compass Trailhawk(トレイルホーク)」が152台限定で販売されます。価格は4,136,400円(消費税8%込み)です。

ジープ・コンパスに設定されたトレイルホークの走り。

ボディサイズは全長4410mm×全幅1810mm×全高1665mmで、今回設定される「コンパス・トレイルホーク」は、高いオフロード性能を誇るジープのなかでも、過酷なトレイルで一定の性能試験をクリアしたモデルのみに与えられる「Trail Rated」バッジを備えた、コンパス唯一のモデル。

4×4システム「セレクテレインシステム」を搭載。

オフロード性能を強化する装備として、路面状況に合わせて「AUTO」「SNOW」「SAND」「MUD」の4つの走行モードを選択できる4×4システム「セレクテレインシステム」を備え、オフロードの低速走行で威力を発揮するローギアが組み合わされています。これにより、急な登坂や岩場など大きな駆動力を必要とする場面においても、安定した走破性が得られているそう。

ジープ・コンパス・トレイルホークのフロントビュー。

エクステリアでは、マットブラックのボンネットデカールやブラックルーフのコーディネイトが目を惹きます。ボディの随所にダークグレーやレッドのアクセントがあしらわれています。さらにオフロード走行時にフロントサスペンションやトランスファーケース、フューエルタンクなどの重要部品を保護するスキッドプレートを配することで、タフなムードを強調。

トレイルホークの専用シート。

内装は、「TRAILHAWK」ロゴ入りレザー/ファブリックシートやレッドステッチ入りインテリアアクセントといった特別装備のほか、汚れた物を収納する際に便利なリバーシブルカーゴフロアやラバーフロアマットなど、アウトドアの利便性を高める装備も充実しています。

リヤビューカメラも搭載。

機能面では、バイキセノンヘッドライトをはじめ、クラッシュミティゲーション(衝突被害軽減ブレーキ)付の前面衝突警報、「LaneSense車線逸脱警報プラス」、安全な車線変更をサポートするブラインドスポットモニター、「Parkviewリヤバックアップカメラ」など、上級グレード「リミテッド」に匹敵する安全装備が用意されています。

ボディカラーと各色の販売台数は「モハベサンド・クリアコート」が限定80台、「ブリリアントブラッククリスタル・パールコート」が72台となっています。

(塚田勝弘)

Tags

RANKING

  • Weekly
  • Monthly
  • Total

SNAP

ARCHIVE

GO OUT ONLINE

RECOMMENDED ITEM

MAGAZINE

BESSの家〜お宅訪問編〜
電子書籍の購入はこちら
大人の宝物 ペルル