オールレンタルで気ラクにたのしむ、日帰りスキー旅のススメ。

 

新潟・ガーラ湯沢で行われた日帰りスキートリップ体験ツアーにGO OUTでお馴染みのアクタガワ タカトシ氏が潜入!

世界最大級の規模を誇るレンタルスキー施設「サロモンステーション」や、最新鋭のリフトで体感するお手軽スキートリップの魅力に迫ります。

(写真 左)本誌GO OUT連載「LBOT」でもお馴染みのクリエイティブディレクター アクタガワ タカトシ氏/(右)GO OUTで活躍中のスタイリスト 近藤有倫氏

東京駅から日帰りスキートリップへ出発。

スノーシーズン真っ盛りですが、皆さんスキーやスノーボードを楽しんでいますか? 僕は学生の時はスキー部に所属していて、アルペンレースをしていましたから、冬のアクティビティとしてはスキーがメイン。最近はバックカントリーが中心になっていますが、今もスキーを楽しんでいます。

ただスキーやスノーボードに行くのってなかなか大変ですよね。道具も用意しないといけないし、クルマで行くにしても渋滞やスタッドレスタイヤの準備が必要なことなど、頭を悩ませる問題が色々とあります。そういう諸問題がハードルとなって、すっかり雪山に行かなくなったという人も多いんじゃないでしょうか。

でも実はもっとお手軽にスキー&スノーボードを楽しむ方法があるんです。それが今回参加したアメアスポーツ主催のメディアツアーで体験した楽しみ方。

アメアスポーツはサロモンやアトミック、アークテリクスといったブランドを擁しているわけですが、それらを販売する一方でサロモンステーションというレンタル施設も展開しており、その中でも最大の規模を誇るガーラ湯沢で日帰りスキー体験をしてきました。

ツアー当日は午前7時過ぎに東京駅に集合。すると今回はたまたまスタイリストの近藤くんも参加していることが判明し、一緒に湯沢へと向かうことになりました。

東京駅からガーラ湯沢駅までは新幹線で約1時間半。駅弁を食べたり雑談しているうちに、あっという間に到着してしまいます。ウトウトする間もありません(笑)。

そして駅の改札を出ると、すぐ目の前にはリフト券の販売所が! ガーラ湯沢駅はそのままスキー場のステーションとなっており、メインゲレンデへと繋がるゴンドラも駅舎からそのまま乗り込めるようになっているのです。

もちろんサロモンステーションもこの駅舎内に入っており、改札口と同じフロアに貸し出しカウンターがあります。この辺も大変に便利。そしてその規模とシステマティックなフローは素晴らしいもの。よくあるスキー場のレンタルコーナーを想像していると、面食らってしまうことでしょう。

 

世界最大級の規模を誇るサロモンステーション。

ガーラ湯沢のサロモンステーションでは、およそ7000台のスキー&スノーボードが用意されており、これは世界最大級と呼べるもの。もちろんウェアや子供用のギア、とにかく雪山を歩きたいという人のためのスノーシューズまで、様々なギアが大量にストックされています。

さらにそのギアを貸し出すスピードも驚異的。朝の時間、ガーラ湯沢駅には約20分おきに新幹線が到着し、週末ともなると毎回800人前後が降り立つのですが、そのうちの約半分がレンタルを利用するそう。つまりここでは、20分に400人分の貸し出し作業をこなさないといけないわけです。

しかし実際にそれを遂行しているというのですから驚きます。こんなレンタル施設は世界中を探してもまずほかに無いでしょう。

気になるレンタル料金は、スキーもスノーボードも滑るためのギア一式が5000円。それにウェアが3000円となっています(20193月現在)。これらは当日カウンターで申し込むことも出来ますが、事前にWEB予約することでより貸し出しがスムースになる上、割引料金も適用されるのでお得です。

レンタル料金が高いか安いかの判断は人によるでしょうけれど、僕は安いと思います。だって年に2-3回しか行かないのであれば、道具を全部自分で揃えて元を取ろうとしても数年かかりますよね。

そして数年後には古いギアになってしまう。でもレンタルなら常に新しいギアを使えるわけで、保管やメンテナンスに頭を悩ます必要も無いのです。そう考えると安く思えてきませんか?

もし周りと同じなのが嫌であれば、ウェアだけ持参したっていいし、ブーツだけ自分にぴったり合ったものを持っていくのも手です。実際、今回僕もブーツだけは自分の足に合わせて成形したものを持参しました。

それ以外のスキーやウェアはレンタルだったわけですが、ゲレンデに立つと同じウェアを着た人を大勢見かけたので、ウェアも持っていっても良かったかなーと思いました。でもやっぱり荷物は少なければ少ないほど楽なので、フルレンタルはオススメです。

 

最新鋭リフトに温泉まで! 後半戦は次ページへ。

 

12 >
Tags

オススメアイテム

RANKING

  • Weekly
  • Monthly
  • Total

SNAP

ARCHIVE

GO OUT ONLINE

RECOMMENDED ITEM

MAGAZINE

BESSの家〜お宅訪問編〜
電子書籍の購入はこちら
大人の宝物 ペルル