林道デビューにうってつけ。非日常を2種バイクで楽しむ走行会イベントに注目!

Yasuo Sato

アウトドアレジャーで外せないものといえばモーターサイクルではないでしょうか。買い物や通勤・通学などデイリーユースで活用している人も多いと思うけど、趣味的な要素もたっぷりと含んだアクティブなジャンルです。

今回はそんなユーザーに耳よりのイベント情報をお届けします。バイクや自転車のタイヤで知られるIRC(アイ・アール・シー)が開催する「iRC OFF ROAD PARTY~みにばい編~」は、原付2種のバイクで楽しむというオフロードツーリングイベントです。

Table Of Contents : 目次

初心者大歓迎のオフロード走行会

当イベントは「一度も林道を走ったことがないよ!」というビギナー大歓迎! 会場は福島県いわき市の「モトスポーツランドしどき」を利用し、同施設のオフロードコース体験走行及びスクーリングが楽しめます。いずれもイージーな設定で、オフロード初心者も安心して参加できますよ。

普段走っている道とは大きく違うステージを走る愛車は頼もしく見え、非日常感が満喫できる。
林道走行ではGPSトラックデータを利用。事前に設定した走行ルートを表示するため、迷うことなく走ることができる。

参加車両は125㏄クラスのみ

参加できる車両は原付2種オンリー(50㏄~124㏄)で、ピーキーすぎず、それでいて荒地も走れるパワー感の125㏄クラスはビギナーも等身大で扱える排気量です。

例えば大人気のCT125ハンターカブやクロスカブはちょっとした林道走行もいけちゃうし、グロムやZ125、エイプ100などのコンパクトなモデルなら足がつきやすいから踏ん張りやすい=転倒しにくいのがメリット! 公道走行ができない車両(レーサーなど)は参加不可だから仲間同士でトコトコ走るのにもってこいなんです。

参加車両は2種バイクのみ。ツーリングキャンパーも数多く愛用しているカブシリーズ。中でもCT125ハンターカブやクロスカブ110はオフロードイメージが強く、タフネスはお墨付きだから林道もガンガン突っ込んでいける。本格オフのKLX125やDT125、ジェベル125などで走るのも楽しそう! なおアドベンチャースタイルのスクーター、ADV150については要相談を。

ただし事前にオフロード用タイヤに履き替えた方が賢明です。普段走っているアスファルトの道路とは路面コンディションが大きく異なるので、気持ちよく走らせられない可能性があります。逆に言えば、タイヤを替えるだけでも十分にオフ走行が楽しめるというわけです。

初めての林道やダートコースは怖いかもしれませんが、しっかりとサポートしてくれるから大丈夫。難しいコースをクリアした時の達成感は何物にも代えがたいものです。「iRC OFF ROAD PARTY~みにばい編~」に参加して、アウトドアレジャーの新たな楽しみを発見してみてはいかがでしょうか!

イベントのイメージ動画も公開されているので、こちら⬇も併せてチェックしてみて!


iRC OFF ROAD PARTY~みにばい編~

会場:モトスポーツランドしどき 福島県いわき市好間町大利字篠登城184 www.ne.jp/asahi/msl/shidoki/

日程:2022年6月12日(日)小雨決行、荒天中止 予備日:6月19日(日)

定員:50名(林道ツーリング初心者向け)

料金:¥5500(保険料込・昼食代含む)

申し込み:IRCホームページ(ircmoto.jp/)内専用サイトより

■イベントスケジュール

8:30-9:00 受付

9:00-9:20 ブリーフィング(説明)

9:30-11:50 コース⾛⾏(講師によるスクーリング開催)

12:00-13:00 昼⾷

13:00-13:30 ブリーフィング(班分け、林道⾛⾏準備)

13:30-16:00 林道ツーリング(コース⾛⾏も可)

16:30 閉会


(問)IRC公式ホームページ ircmoto.jp

Tags
Yasuo Sato

オススメアイテム