世界最大級のスノーボードフェス「BURTON US OPEN」観戦記。

観戦スタイルは十人十色。

BURTON US OPEN

コース脇での観戦はもちろん、解説を聞きつつモニター観戦するのもいいのですが、スノーボードを楽しみながら観るのもまた一興。ゲレンデに特設されている会場なので、すぐ脇を滑走でき、じつは前述の急坂を登らなくてもコース脇へアクセス可。斜面の途中で止まって観戦している人もチラホラ見かけました。

BURTON US OPEN
リフトからはスロープスタイルの巨大キッカーが丸見え。タイミングさえ良ければ一番の特等席かも。

どう楽しむかは自分次第というのが実にアメリカらしいところ。こうじゃなきゃダメ!という堅苦しいルールはありません。それぞれのスタイルで楽しんでいる観客の姿もまた印象的でした。

BURTON US OPEN

BURTON US OPEN

BURTON US OPEN

BURTON US OPEN

BURTON US OPEN

BURTON US OPEN

 

さらに、ヘルメットの着用率の高さにも驚かされました。日本ではバックカントリー以外ではあまり見かけることのないヘルメットですが、アメリカやヨーロッパではド定番アイテム。スノーボードでもスキーでも、大人も子どもも問わず、ほとんどの人が着用していました。なんかギア感があってカッコイイ気もしてきます。

BURTON US OPEN

まとめ。

さすがは世界最高峰のスノーボードコンテスト。イベントの規模、技のレベル、エンターテインメント性、多様な観戦スタイル、どれをとってもスケールの大きさを痛感させられました。

また、観客はもちろんですが、選手やスタッフのリラックスした笑顔がとても印象的で、パウダースノーを味わえる環境はもとより、アフタースノーを十分に楽しめる環境という点が、この大会を開催し続けるバートンの最もニクイ演出なのではと感じました。

 

今旅で活躍したアイテム。

最後に、余談となりますが、今回の6泊8日の旅で活躍したバッグたちを一気にご紹介。カメラにパソコン、着替えやスノー用品など、取材旅はどうしても荷物が多くなるというもの。そんな旅を快適にサポートしてくれたのがコチラの2型。

BURTON US OPEN

左:BURTON Annex Pack[28L]¥11880 右:BURTON Wheelie Double Deck[86L]¥36720

Annex Pack(写真左)は、PC収納スペースやタブレットスリーブ、豊富なアクセサリーポケットを備えた街でも使える万能バックパック。

BURTON US OPEN
フロントのストラップにはジャケットやマットなどを留められるので寒暖差の激しい春フェスなどにも重宝しそう。
BURTON US OPEN
サイドからもアクセスできるPCスリーブ。手荷物検査時の出し入れにも活躍してくれました。両サイドにブタ鼻が付いているので、ストラップを用意すれば長物の持ち運びも可能。今回は三脚をセットしました。

そして、Wheelie Double Deck(写真右)は86Lもの容量を誇るキャリーバッグ。ソフトウィールは非常に滑らかで、荷物を詰め込んでも重さを感じにくい。より大容量116LのWheelie Sub(¥45360)もラインナップしています。

中身
スノーブーツも収納できる深めの設計がポイント。左上のアクセサリーポケットは外側からもアクセス可能なので、空港で取り出す可能性のある物を入れておくなど用途に応じて使用できます。
BURTON US OPEN
スライド式のIDケースも装備。ロストバゲージ予防の切り札ですね。

 


BURTON US OPEN burtonusopen.com

BURTON www.burton.com

 

 

< 12
Tags

RANKING

  • Weekly
  • Monthly
  • Total

SNAP

ARCHIVE

GO OUT ONLINE

RECOMMENDED ITEM

MAGAZINE

BESSの家〜お宅訪問編〜
電子書籍の購入はこちら
大人の宝物 ペルル