ザ・ノース・フェイスを理解する10のキーワード。

23 Shares

ザ・ノース・フェイスを理解する10のキーワード。

絶賛発売中のGO OUT vol.85のなかでも、特に反響の高いザ・ノース・フェイス特集。今年50周年を迎え、今やアウトドアブランドの代表格へと成長した同ブランドの現在を、キーワード別にフォーカスしている。ここではその「10のキーワード」に紐づく注目の1点をピックアップ。より詳しく、より多くのアイテムを見たい人は、GO OUT vol.85をじっくり読むべし!

Edit/Takatoshi Akutagawa(Thunderbird Design) Photo/Hiroyuki Yamada Styling/Takahiro Nakajima


Keyword 1

50th Anniversary 〜ダグが生み出しハップが育てた50年〜

誕生からはや50年が経ったザ・ノース・フェイスには、2人の創業者がいると言われている。それがダグ・トンプソンとハップ・クロップ。この2人がいなければ、今のザ・ノース・フェイスはなかっただろう。

Doug

Douglas Tompkins

Hap

Kenneth “Hap”Klopp


Keyword 2

Gore-Tex® 〜ハードシェルの基準となったザ・ノース・フェイス〜

ザ・ノース・フェイスが生み出した傑作は数々あるが、中でも1985年にデビューした「マウンテンジャケット」の衝撃は大きなものだった。そしてもはや定番となった2トーンのカラーリングもここからはじまったのだ。

_R1A6699

MOUNTAIN JACKET ¥51840


Keyword 3

Nuptse 〜冬のザ・ノース・フェイスを象徴するヌプシ〜

ダウンジャケット/ベストの称号として生まれ、そしてブーツへと発展した「ヌプシ」シリーズも、ザ・ノース・フェイスを代表する作品と言えるだろう。冬の寒さを乗り切るために「ヌプシ」は必要不可欠なアイテムだ。

_R1A6955

NUPTSE TRACTION CHUKKA LITE WP ¥12420


Keyword 4

Summit 〜最先端の技術が詰まったサミットシリーズ〜

ファッションとして注目されることが多いザ・ノース・フェイスだが、最先端テクノロジーの開発にも余念がない。その象徴とも言えるシリーズが「サミット」。究極の機能性を味わいたければサミットロゴを見逃すな。

_R1A6686

HIMALAYAN PARKA ¥84240


Keyword 5

Runnning 〜トレイルだけにとどまらないランニングギアたち〜

今年も大人気のトレランは、最近のザ・ノース・フェイスがもっとも注力しているカテゴリーのひとつ。トレイルのみならずロードにも適応するアイテムを数々揃えており、また普段使いにも使えるようなデザイン性の高さも魅力。

_R1A6999

TRAVERSE TR LEATHER ¥19440

12 >
Tags

23 Shares

RANKING

  • Weekly
  • Monthly
  • Total

SNAP

ARCHIVE

GO OUT ONLINE

RECOMMENDED ITEM

MAGAZINE

BESSの家〜お宅訪問編〜
電子書籍の購入はこちら
大人の宝物 ペルル