おしゃれアウトドア派の、ハイラックスSTYLE。#2 SUP CAMP & FISHING

pr

164 Shares

おしゃれアウトドア派の、ハイラックスSTYLE。#2 SUP CAMP & FISHING

この秋、13年ぶりに待望の国内販売復活となった新型ハイラックス。キャンプ、自転車、釣り、SUP、D.I.Y.などアクティビティのギアをそのまま積み込める大きな荷台を備えたピックアップタイプながら、後部座席のある4ドア仕様で5人まで乗車できるので、いまどきのアウトドアスタイルにぴったりの1台だ。

そんなハイラックスを、いち早く外遊びの達人たちに得意のフィールドで乗り尽くしてもらいました。“High”で“Luxury”なハ イラックスが、ボクらのライフスタイルにさらなるアクティブさを提供してくれる!


STYLE 02. SUP CAMP & FISHING

「アクティブだけど、マイペースに外遊び。」

河野健児(左) nozawa green field 代表 PEAKS 5 プロダクトマネージャー/浅野 慧(右) 信越自然郷アクティビティセンター ガイド

野沢温泉でキャンプ場を運営する河野さんは、ザ・ノース・フェイスのアンバサダーとしての顔も持つプロスキーヤー。浅野さんは、信越自然郷の山岳ツアーガイドとして活躍する生粋のアウトドアズマン。ともに源流から海まで川を下るプロジェクト『ザ・ ソースライン』に参加している。

 

湖畔にテントを張って、SUPとバス釣りをとことん満喫。アクティブだけどノンビリとマイペースに楽しむ外遊びには、ゆっくりとした時間が流れている。こんなオトナなキャンプスタイルもあり。

 

レイクサイドの静けさの中で、SUPキャンプとバス釣りを満喫。

人気急上昇中のウォーターアクティビティSUPを楽しむキャンプを提案している河野さん。もちろん自身も実践しているが、この日はハイラックスで馴染みの湖まで。友人の浅野さんはSUPに乗って釣りも楽しんでいた。

そんな2人にとって、ハイラックスは最高の相棒になりそう。「悪路も気にしないで湖畔まで乗り入れできるのは頼もしい!!」と河野さん。

浅野さんも「濡れたウエアやギアもそのまま荷台に積み込めるから、SUPだけでなく釣りでも重宝します」と大満足で、すっかりハイラックスの虜になった様子。

日が落ちると静かな湖面を眺めつつ、焚き火を囲ってアウトドドア談義に花が咲く。話題は次のSUPキャンプや旅について。焚き火でダッチオーブン料理をするのも恒例だとか。こうしたオトナのリラックスタイムもキャンプの醍醐味。

 

河野さんはSUP歴が10年近くあり、黎明期から携わっている。「湖は波がないから、遊びの幅が広いのが魅力。ボードの上でコーヒーを楽しんだりするのもありだと思います」。

 

浅野さんのSUP歴は4年ほど。「湖面を静か に移動できるから、釣りと相性抜群なんです」。パドルで漕いで進んでいくが、見た目以上に安定感があるため初心者でも30分ほどの練習で乗れるようになるそう。

 

湖畔までの悪路も4WDのハイラックスなら余裕で走破できる。

 

ハイラックス スペシャルサイトはこちらから!豪華賞品が当たるキャンペーンも!

12 >
Tags

164 Shares

RANKING

  • Weekly
  • Monthly
  • Total

SNAP

ARCHIVE

GO OUT ONLINE

RECOMMENDED ITEM

MAGAZINE

BESSの家〜お宅訪問編〜
電子書籍の購入はこちら
大人の宝物 ペルル