進化を続けて6代目。収納力もアップした、フォルクスワーゲンの新型ポロ。

39 Shares

フォルクスワーゲン・ポロは1974年の初代誕生以来、44年で1400万台以上を販売してきた由緒正しいモデル。

このたび、現行ゴルフで初採用となったMQBプラットフォームを使って6代目が登場したのでレポートします。

ボディサイズはひと回り……ではなく0.5回りほど大きくなって全長・全幅は4060×1750mmになりました。これは先代比で各65mmのプラス。

ただしオーバーハングは切り詰められて、ホイールベースは80mm延長された2550mmになりました。

またラゲッジ容量は351Lと先代比で約70L拡大しています。これまでポロ購入をラゲッジの狭さで断念していた層には歓迎すべき事態ですね。

エンジンはUp!系に搭載されているものがベースのEA211型・1L3気筒ターボ。これに7速のDSGを組み合わせてフロントを駆動します。

実際に乗り込んでみました。シートは背筋をピンと伸ばして座るとしっくりくるタイプです。

シートスライドもできるだけ前の方に調整したほうが全体の操作がしやすくなるというマジメな空間設計でした。

1Lターボエンジンは誰かにそう言われなければ3気筒だとわからないほどスムーズです。また、単純に回転が上昇するのではなく、中高回転域まで均等にトルクが盛り付けられていることが体感できるようなアウトプット特性が魅力です。

ボディ剛性やシャシー能力は超がつく高さ。高速道路でも速度上限が100kmの日本では「ハードウェア限界なんて来るのだろうか…」というレベルです。

居住空間が拡がり、エンジンもスムーズ&パワフル、ボディと足も完璧…このMQBベースのVW車、ちょっと怖いくらいの完成度なんですけど…。

(写真/小林和久 動画・文/ウナ丼)

その他クルマに関する記事なら、姉妹サイト「クリッカー」をチェック!! https://clicccar.com/

Tags

39 Shares

RANKING

  • Weekly
  • Monthly
  • Total

SNAP

ARCHIVE

GO OUT ONLINE

RECOMMENDED ITEM

MAGAZINE

BESSの家〜お宅訪問編〜
電子書籍の購入はこちら
大人の宝物 ペルル