240年以上の歴史で初! ビルケンシュトックが、水場も歩ける高機能サンダルをローンチ! その実力は?

pr
240年以上の歴史で初! ビルケンシュトックが、水場も歩ける高機能サンダルをローンチ! その実力は?

1774年創業、立体インソールの代名詞となる“フットベッド”という言葉を生み出したドイツの老舗シューズメーカー、BIRKENSTOCK(ビルケンシュトック)

自然な歩行をサポートする履き心地を追求し続け、長年に渡り医療用サンダルやコンフォートシューズの進化に貢献してきた実績を持つ。

そんなビルケンシュトックが、240年以上にも及ぶ歴史において初となる、高機能なアウトドア用ソールを備えたサンダルをローンチした。

Table Of Contents : 目次

ブランド史上初、PU素材のフットベッドを採用。

TATACOA ¥23100

それが、今季よりラインナップに加わった“クロスエレメント”シリーズ。ビルケンシュトック特有の美しいフォルムは健在だが、ブランドのアイデンティティとも言える、“コルク素材のフットベッド”は使われていない。

代わりに採用されたのが、ブランド史上初の試みとなる“PU素材のフットベッド”。

天然素材であるコルクの“水に弱い”というウィークポイントを克服しつつ、従来の履き心地やフィット感をキープすることに成功している。

甲斐一彦(BAMBOO SHOOTSディレクター)“アーバン・アウトドア・ライフスタイル”をベースに、独自の世界観を構築するブランド、バンブーシュートのディレクターとして活躍。最近はサウナにハマり中。「この夏は店舗限定アイテムをいろいろと企画しています」。

ということで、ビルケンシュトック歴25年以上というバンブーシュートの甲斐さんに、実際にフィールドで着用してもらい、“PU製フットベッド”を初体験してもらうことに。

「ビルケンシュトックのサンダルを初めて履いたのは19歳の頃。まだ日本に本格上陸する前だけど、シューズ好きの間で履き心地の良さが話題になっていて。確か当時はみんなバーケンストックって呼んでいたと思う(笑)。

それで「アリゾナ」と「チューリッヒ」を買ったんだけど、その2足は何度も買い直したり、ソールを張り替えたりして、今もずっと愛用してるんだよね。これ以上履きやすいサンダルはないって、本気で思ってるから」。

初夏の渓流沿いを、サンダルで身軽にハイク。

甲斐さんが着用するのは、バックストラップサンダルのTATACOA(タタコア)。アッパー2箇所、ヒール1箇所の3点ストラップで足をしっかりホールドするため、アクティブシーンにも対応する。

GO OUT本誌でも長らく登山の連載をやっていただけに、慣れた足取りで渓流の岩場をハイクしていく。

時折、立ち止まり、岩場の上でPU素材のフットベッドの感覚をチェック。

「クッション性と反発力のバランスが凄くいい。このフットベッドは、コルクより馴染みがいいかも(笑) それと、やっぱり絶対的な安心感があるね」。

水辺や濡れた石の上も躊躇なく進んでいくのは、ビルケンシュトックの機能性に絶大な信頼を寄せているから。実際に滑ることは一切なく、軽快な渓流ハイクを楽しんでいた。

「さすがドイツ製。本当の意味で高級品だね」

様々な場所を歩き、しばらくサンダルの感触を楽しんだところで、岩場に座って休憩タイム。そこで実際にフィールドで履いて感じた、「タタコア」の魅力を聞いてみた。

「本当に歩きやすいね。ツマ先が出ているけど、不思議と怖さがないっていうか、ちゃんとサポートされているから、岩場でも安心して歩ける。しかも濡れても平気だからそのまま川にも入れるし。

これは、いい意味で普通のスポーツサンダルじゃないと思う。もっと高級感があるっていうか。歩きやすさや、履き心地にこだわるビルケン愛好家たちが求めていた、理想のスポーツサンダルじゃないかな」。

新開発されたPU素材のフットベッドは、長年コルクのフットベッドを愛用してきた甲斐さんにとっては、かなり新鮮な様子。

「形状やフィット感はコルクと大差ないけど、やっぱり履き心地は違うね。でもちゃんとビルケンの良さが出ているし、なによりも濡れても臭くならないのがいい!(笑)」。

すべてのソールを一体形成で構築するダイレクトインジェクション製法で作られているため、履き込んでもソールが剥がれる心配もない。

「実際に手に取るとわかるけど、細部までしっかり作られているんだよ。さすがドイツ製。本当の意味で高級品だね」。

アウトソールにはビルケンシュトックのボーンパターンをアウトドア仕様にアップデート。滑りにくいだけでなく、小石などが挟まりにくい形状になり、外側のスリットがスムーズな歩行のローリングを促す。

「アウトソールはしっかりしているけど、ツマ先は曲げやすい。そのあたりが歩きやすさに繋がっているんじゃないかな。もちろんグリップ力に関しても全然問題ないレベル。安心してフィールドで使えると思う」。

TATACOA 各¥23100

「タタコア」は全3色展開。甲斐さんに着用してもらったミッドナイト以外に、ミリタリー感も漂うフツーラカーキとワントーンで仕上げられたフツーラブラックを用意。それぞれ異なる魅力を漂わせている。

脱着しやすい、スライダーサンダルもあり。

ATACAMA 各¥22000

クロルエレメントシリーズには、「タタコア」と同じスタイルでバックストラップがない、スライダーサンダル「アタカマ」も用意されている。

こちらは「タタコア」と同じカラバリの3色に加え、カモフラ柄もラインナップ。スタイルやシーンに合わせて履き分けるのもあり。

そして「タタコア」と「アタカマ」は、どちらもウィメンズサイズも展開。多くのアウトドア好きをカバーしており、プレゼントにも最適だ。

ビルケンシュトック好きの甲斐さんだけに、「アタカマ」も気になる様子。そこでこちらのモデルも着用してもらうことに。はたして履き心地は?

「こっちもいいね! バックストラップがない分、ラクに履ける。あと、ヒールカップのフィット感をダイレクトに感じられるかも。

それにルックスもいいから、普通に日常で履けると思う。こっち(アタカマ)を街履き、あっち(タタコア)をフィールド用にして、履き分けるといいかも。とりあえず、バンブーシュートで別注させてもらえないかな?(笑)」。

極上のスポーツサンダルを体感しよう。

最高級の履き心地を誇るビルケンシュトックのサンダルを、25年以上も愛用してきた甲斐さんが「履けば絶対にわかる!! 」と大絶賛する“クロスエレメント”シリーズ。

ビルケンシュトックの長い歴史において、248年目の挑戦とも言える本格的なフィールド対応サンダルは、アウトドアシーンがリードしてきたスポーツサンダルの進化に、大きな一石を投じるプロダクトになりそうだ。

そのラグジュアリーな履き心地は、アクティブなフィールドで履いてこそ実感できるだろう。これからのアウトドアサンダルの本命は、この一足で間違いなし!!


Photo/Dai Yamamoto


(問)ビルケンシュトック・ジャパン カスタマーサービス tel:0476-50-2626  www.birkenstock.com/jp

Tags
Masatsugu Kuwabara