進化するeバイク「WO」で、代官山クルージング。F/CE.山根氏も太鼓判!

Masatsugu Kuwabara
pr
進化するeバイク「WO」で、代官山クルージング。F/CE.山根氏も太鼓判!

ギア感覚で扱えるeバイクの実力を、外遊び好きがチェック!

2021年冬のリリース以来、ストリートを中心にブレイクしつつある次世代eバイク「WO(ダブルオー)」

人気の理由はもちろん、街映えするエッジの効いたルックスにあるが、パワフルなアシスト力や快適な乗り心地、アクティブなライド感も話題となり、ギア感覚で注目する外遊び好きが続出している。

山根敏史(F/CE.®デザイナー)アウトドアから旅まで対応する機能美プロダクトを追求するブランド、エフシーイーのデザイナー。ノルディスク キャンプサプライ ストアなども展開。二児のパパでもあり、育児用に入手した電動アシスト自転車は、パナソニックのイーゼット。チャイルドシートを外した昨年、テンプラサイクルでカスタムして街乗りに愛用中。

エフシーイーのデザイナー、山根さんもそのひとり。実は8年ほど前から電動アシスト自転車を日常の足として利用し、現在はその愛車にオールドBMX仕様のカスタムを施している。それだけに、じつはWOも気になっていたとか。

「仕事の拠点が代官山なので、渋谷や原宿に行くのは自転車が便利なんです。今のカスタム自転車も気に入っているけど、最新鋭のeバイクにも乗ってみたいと思っていました。今日はマジで楽しみです!」

WO M2X-1 ¥230000

トレイルバイクのスタイルを踏襲したエッジの効いたフレームと、ワイルドなファットタイヤのコンビがスタイリッシュなストリート発の次世代e-bike。1回の充電で最大50kmの走行が可能(※天候や荷重など使用条件により異なる)で、シマノの7段階ギアと5段階のアシストモードを搭載。機械式ディスクブレーキやサスペンションも装備されている。

Table Of Contents : 目次

まずはルックスやディテールをチェック!

実物のWOを前に、早速ディテールをチェックする山根さん。「間近で見ると、やっぱりデザインがいいですね! マットな塗装と太いタイヤも最高」と、ワイルドなルックスに目を輝かせながらも、さりげなく実用性も意識。

「eバイクはセンターフレームがストレートのモデルが多いけど、これはV字になっているから乗り降りがラクそう。日常で使うなら、結構重要なポイントだと思います」。

最新モデルはサドルのデザインが一新され、さらに快適な足運びが可能に。

「サドルのシルエットがいいですね。しかもクッション性もあるから長時間乗っても疲れない。いい意味で自転車っぽくないディテールだと思います」

バイク好きだけに、ライトの点灯スイッチやクラクション、ウインカーにも興味津々。

「バイクみたいなクラクションとウインカーが付いているのはヤバいっすね(笑)。遊び心もあるけど、安全面も考慮した機能性ですね」

悪路に対応するのはファットタイヤだけにあらず。コイルスプリングのサスペンションも装備する。

「サスペンションもいいアクセント。これだけしっかりした作りなら、キャンプ場とかで乗っても安定して走れそうですね」

実際にまたがって、ポジショニングもチェック。しかし初めて乗ったとは思えないほど馴染んでいる。

「座り心地もいいですね! ハンドルの高さも丁度いい。これは運転しやすいと思います。ちょっとその辺りは走ってきてもいいですか?」

勾配がある代官山の街をクルージング。

気になる部分をチェックしてもらったところで、次は走りを堪能してもらうことに。試乗の舞台は、山根さんが普段から自分の自転車で移動している代官山の街。

それだけに一般的な電動アシスト自転車との違いもハッキリとわかりそうだけど……。

「アシスト力が凄い! タイヤが太いから漕ぎ出しの最初の一歩だけ踏み込む感じだけど、あとはスムーズに走れますね。アシストのパワーは5段階あるけど、街中のちょっとした坂なら2でも余裕だと思います」

なにげにアップダウンが多い代官山の街。裏道まで知り尽くしているだけに、あえて勾配がきつい坂を選んで試乗していく山根さん。

「これ凄いですね! 急勾配の上り坂も全然気にならないですよ。正直、僕の自転車はアシストがあっても坂道はちょっと辛いんですよね。でもWOは本当にノーストレス。むしろ自転車とは思えないレベル!(笑)」

代官山の駅前から旧山手通りなどを走り、最終的には自身のショップ、エフシーイー フラッグシップストアまでWOで移動してもらったが、汗ひとつかかずに快適そう。

「いつも移動している道だからよくわかるけど、乗り心地もパワーも僕の自転車より断然上。めちゃくちゃ快適でした。これだけアシスト力があれば、渋谷や原宿も余裕で往復できますよ。

今度はキャンプ場で乗ってみたいですね。山道や林道を走るのも楽しそう。最近、キャンピングカーを入手したから、それに積載しようかな(笑)」。

街から飛び出したくなる、外遊び好きの理想の1台。

アップダウンのある代官山の街中でWOを試乗してもらい、その実力とルックスを絶賛する山根さんが、フィールドに持ち出したいと感じるほどアクティブに動けるWO。

そんなワイルドなeバイクで街乗りライドを楽しめば、ストリートでも目立つこと間違いなし。

アクティブなライフスタイルを満喫している外遊び好きにとって、WOはあらゆるシーンで頼りになる理想の相棒になりそうだ。

6月下旬まで、原宿でポップアップショップを開催!

そんなWOを、実際に触れてチェックできるポップアップショップが原宿で限定オープンする。期間は4月2日(土)から6月26日(金)までの約2ヶ月半。

店内は現在のストリートカルチャーを凝縮したようなスタイリッシュな空間で、WOの魅力をじっくりと味わうことができる。

もちろん試乗体験もできるし、ここでしか入手できない限定アイテムも揃っているので、原宿に遊びに行った際は気軽に足を運んでみよう。


(問)DINER tel: 03-6427-2745  wobikes.com/

photo/Takuma Utoo

Tags
Masatsugu Kuwabara