ストリートで話題沸騰の次世代e-bike「WO」を最速レビュー!

Masatsugu Kuwabara
pr
ストリートで話題沸騰の次世代e-bike「WO」を最速レビュー!

日進月歩で進化するe-bikeシーンに、最新鋭の電動アシスト技術と洗練されたストリートマインドを融合した次世代ブランド「WO(ダブルオー)」がデビューした。

トレイルバイクを彷彿とさせるシルエットに、ファットタイヤを装備したワイルドなルックスは、GO OUTとして絶対見逃せないファクターだが、実際の乗り心地や機能性も気になるところ。

春日潤也(モデル)数々のCMにも出演する人気モデルとして活躍する傍ら、故郷である島根県でカフェを併設するショップ『BSKK』を運営。東京と島根のデュアルライフを満喫している。趣味は自転車、サーフィン、釣り、スケートボード、ヨガと幅広く、アクティブな日常を過ごす。この日も自前の自転車でロケ場所に登場。

そこで、自転車好きとしてもお馴染みの人気モデル、春日潤也氏を迎え、「WO」の最速レビューをお届け。

ピストバイクやマウンテンバイクを所有し、都内の移動も自転車が中心というリアルなサイクルライフを送るなか、実際にストリートで「WO」に乗ってもらう。

WO M2X-1 ¥220,000(税込)

1回の充電で約60kmの最大走行距離を実現(※天候や荷重など使用条件により異なります)したハイスペックなe-bike。シマノの7段階ギアと5段階のアシストモードを搭載し、20インチ/4.0ファットタイヤには機械式ディスクブレーキとサスペンションを装備している。

Table Of Contents : 目次

自転車好きの春日さんが注目する、機能美ポイント5。

試乗する前に、まずはデザインと実用性を両立させた機能美ポイントに注目。自転車好きの春日さんならではの目線で、気になる部分をチェックしてもらった。

クルマやバイクと同じようにブレーキングで点灯するテールランプを装備。ハンドルのウインカーボタンとも連動し、左右に曲がるときにスイッチを入れることで、曲がるサイドが点滅する。

「これはヤバいっすね!! 自転車としては新鮮だけど、車道を走るから実用的だし安全性も高いですよね。交通量が多い都内では特に重宝しますよ」。

フロントで大きな存在感を放つLEDライト。広範囲を照らすと同時に、大きな光で車体の存在をクルマや通行人にアピールできる。

「かなり明るいから夜道も安心! しかも、ちょっとレトロなデザインがいいですね。懐かしい感じがします。こういう遊び心は大好き。ストリートっぽいギミックだと思います」。

ハンドルにはライトを点灯させるボタンと一緒に、ウインカーやクラクションのボタンも装備。

「ハンドル周りでいろいろ操作できるのも楽しいですよね。スイッチのデザインもいい感じだし、クラションの音がヴィンテージのバイクみたいでボク好み」。

同じくハンドルには邪魔にならない大きさの小型ディスプレイも装備。走行距離、スピード、アシストのパワー、バッテリー残量が表示される。

「シンプルなデジタル表示で、数字も大きいから走行中も見やすそう。かなりコンパクトだから、隣にスマホキャリーやドリンクホルダーもセットできますね」。

フレームの隙間にスマートにセットされたリチウムイオンバッテリー。付属の充電器にセットして4、5時間でフル充電が可能。

「ブラックの車体に合わせたバッテリーで、シンプルにロゴが入ったデザインもスタイリッシュ。しかも思った以上に軽いですね。カギで気軽に脱着できるから充電するのも苦にならなそうです」。

いざ、試走へ! 中目黒〜代官山間でインプレッション。

機能性や安全装備をチェックしたところで、早速街なかで実際に乗ってみることに。「実はめちゃくちゃ楽しみでした」と言う通り、嬉しそうに跨がる春日さん。

まずは目黒川沿いの平坦な道を、緩やかにクルージング。それだけでもかなりのアシストパワーに驚きを隠せない様子。

「無骨なルックスなのに、めちゃくちゃペダルが軽い! 少し漕ぐだけでグングン進んでいきますね。この感覚はあれですよ……、子どもの頃に初めて自転車に乗ったとき、後ろからお父さんが押してくれた感じに近い!(笑)」

さらに様々な自転車を乗り分けている春日さんならではの分析も。

「自転車はタイヤが太くなるほど安定感が増すけど、スピードを出しにくいんですよ。でもこれはパワフルな電動アシストで、ファットタイヤの弱点を完全に克服していますね。マウンテンバイクより安定しているのに、ピストバイクみたいにスピードが出るから、本当に不思議な感じです」。

東京は坂の街。中目黒から代官山方面に抜ける、普通の自転車では立ち漕ぎ&鬼漕ぎ必至の急勾配の坂道にも挑戦。

「ウソみたいに快適に登れますね。ペダルの重さが普通の道と全然変わらないのは凄い。これなら汗も出ないから、自転車に乗るスタイルも変わりそう。もうちょっと乗り心地をチェックしたいから、いろんな道を走ってきます!」。

そのまま20分ほどかけて、いろんな道を走ってきた春日さん。すっかり「WO」にハマり、都内の移動用として本気で導入を検討したいとか。

「このタイヤなら林道やビーチも走れるけど、個人的に1番乗りたいと思ったのは街です。実際に自転車で移動するとわかると思うけど、街中って小さい段差や緩やかで長い上り坂が多いんですよ。でもこれなら全然気にならないし、本当に快適。ルックスも最高だし、リアルに日常の足として欲しくなりました。

むしろこれで東京から島根まで帰るのもおもしろそう! その道中の各地にある友だちの家に立ち寄って“充電させてもらえませんか?”ってやろうかな(笑)」。

日常の行動範囲が格段に広がる、新感覚マルチクルーザー。

【WO M2X-1 SPEC】カラー:ブラック/カーキ サイズ:推奨身長 160cm以上 ブレーキ :機械式ディスクブレーキ  重量:38kg  上限速度:24km/h ギア:シマノ7スピード タイヤ:20インチ 4.0ファットタイヤ  アシス:ペダルアシスト アシストモード: 5アシストモード バッテリー:36V/13ahリチウムイオンバッテリー モーター :350W 最大走行可能距離:60km

アクティブライフを楽しむ春日さんも大絶賛する「WO」は、ストリートからフィールドまで対応する新感覚のマルチクルーザー。

パワフルなアシスト力と安定感抜群のファットタイヤから生まれるラグジュアリーな乗り心地は、今までの自転車のイメージを一変させるほどのインパクトがある。

スタイリッシュかつワイルドなルックスも魅力ながら、実用性や安全性にも優れているため、外遊びだけでなく日常の行動範囲も格段に広げてくれそうだ。


(問)DINER tel: 03-6427-2745  wobikes.com/

 

  • Photo/Dai Yamamoto

 

Tags
Masatsugu Kuwabara