プルーム・エックスに感動!この吸いごたえとニオイの少なさは、加熱式たばこの最終形か!?

GO OUT編集部
Table Of Contents : 目次

次から次へと新機種が出すぎて……。

紙巻きたばこ派がどんどん加熱式に移行していると思いきや、加熱式たばこだけでもどれだけ種類があるんだ、とツッコミを入れたくなるほど次々と新機種が出てきます。たばこスティックなんかさらに銘柄が豊富なので、コンビニでは番号を覚えておかないと愛用しているものですら普通に間違えてしまうほど。

わたくし編集部Sも、加熱式に関しては、アイコス、グロー、プルーム・エスと加熱式時代の幕開け時から色々と試してきた自負がありましたが、ここ最近はまったく付いていけておりません。シーンに応じて、紙巻き、高温加熱式、低温加熱式を使い分けることが定番化していたので、むしろこれ以上付いていく必要がないとさえ思っていました。

普段は、紙巻きのアメリカンスピリッツ3mg、高温加熱式のグロー・ハイパー、低温加熱式のプルーム・テック・プラスの3つを併用(多すぎ!?)。アメスピがメインですが、予備としてグローを携帯、テント内やクルマではほぼニオイのないプルーム・テックを使ったりしています。

そんなこんなで、約2年前にプルーム・テック・プラスに出会ってから落ち着いた感のあったボクの加熱式たばこ事情でしたが(記事はこちら)、この夏JTから登場した最新機種「プルーム・エックス(Ploom X)」を試す機会を得たので、早速レビューしていきたいと思います。

デザインは高級志向でスタイリッシュに。

プルーム・エスの丸み帯びたデザインは踏襲しつつ、鏡面仕上げの樹脂パネルが高級感を醸し出す、近未来的なデザインに。個人的にはエスの方がチープなギア感があって好きではあるが、これは好みが分かれるところ。進化したカンジは十二分にある。

こちらが最新機種のプルーム・エックス(希望小売価格/税込3980円)。ツルッと丸み帯びたデザインと、鏡面仕上げのフロントパネルが特徴的で別売りで着せ替えも可能とのこと。
細身のボディになり、より握りやすくなった印象。パネル中央のインジケーターで電池残量や残りの使用時間を感覚的に確認できる。
背面(本体ボディ)はマット感のあるアルミ製。アップル製品との相性も良さそう。

肝心なのは、吸いごたえやニオイ問題だが……。

正直言って、「S」が「X」に変わっただけで基本的には一緒でしょ、と決めつけていました。個人的に、プルーム・エスは苦手な部類だったので今回の試用は渋々だったわけですが、たった1回のパフで世界が変わったような感覚に!

ツルっとしたフロントパネルだが中央部分がボタンになっておりクリックすると加熱がはじまる。待ち時間は25秒、準備OKのサインと残り時間20秒前になるとバイブでお知らせしてくれる。

加熱温度を240℃から295℃に引き上げたことが要因なのか、エスにあったスカスカ感はなく吸いごたえ十分。

ボクはレギュラー派なのでたばこスティックはエックスと同タイミングで発売された「メビウス・リッチ」をメインに試してみましたが、変な香りや雑味がまるでなく超スムースで深みもある味わい。まるで紙巻きのメビウスを吸っているかのような感覚です。これには本当に驚きました。

どうやら新加熱技術の「HEATFLOW」を国産初採用したことも、吸いごたえアップの大きなファクターとなっているようです。

ちなみに、上記製品写真にあったように実際には自立しないので注意。エスもそうであったが、ここはちょっと残念ポイント。車内ではドリンクホルダー等に置いて使ったが、オプションでマグネット式の車載ホルダーも発売している(別途対応カバーが必要)。

また、ニオイ問題は、高温加熱式のなかではかなり抑えられているという印象。

普段グローを車内で使う際は、同乗者に気を使って窓を開けるのですが、独特の焦げたようなニオイも少ない。ボクの感覚では、アイコスは穀物的、グローは焦げた甘めのニオイでしたが、プルーム・エックスはほのかに豆を炒ったような香りはするものの、非喫煙者でもあまり気にならないレベルとのこと。

いやー、まさかの進化っぷりに驚きを隠せません。

たばこスティックの焼け方もグロー(右)とプルーム・エックス(左)では大きく異なる。加熱温度はプルーム・エックスの方がより高温。この違いがニオイにも影響しているのだろうか?

家でも車内でも外遊びでも、プルーム・エックスひとつで事足りるかも!?

加熱式たばこではどうしても得られない満足感を求めて紙巻きを選択しがちだったボクですが、吸いごたえやニオイ問題が許容範囲に収まるのであれば、これひとつでいいのではないか、とさえ考えが変わってきております。

加えて、プルーム・エックスは使用時間が4分30秒から5分に延長され、使用パフ数の制限がなくなったのも高ポイント。比較的ゆったりと愉しむことができます。

充電が必要なデバイスが多くて大変だったことも考えると、やっぱりひとつにまとめるべきだよなぁ……。

今回試したプルーム・エックスのメディア紹介用キットには8種類のたばこスティックが同梱されていた。
Tags
GO OUT編集部