すでに争奪戦勃発!? 2019年注目の新ギアブランド「ゼインアーツ」始動。

18 Shares

デビュー前から注目を集めるブランド「ZANE ARTS」とは?

北アルプスの玄関口、長野県松本市で立ち上がった新アウトドアブランド「ZANE ARTS(ゼインアーツ)」がギアフリークの間で話題になっている。

先日発表されたテント、タープはどれも機能的でスタイリッシュ。2019年4月の発売を前に一部ショップでは異例の早期ネット予約がスタートしていて、受け付け開始早々に品薄となったアイテムもあるほどで、今後人気を集めるのは間違いない注目のブランドだ。2019年4月に発売を予定している4つのテント・タープをまとめて紹介しよう。

スタイリッシュなアースカラーの進化系ワンポールシェルター「ゼクーM」。

ZANE ARTS「ZEKU-M」 ¥82944

ゼインアーツの現時点でのフラッグシップともいえるのが、4人が快適に過ごせるサイズのミドルサイズワンポールシェルター「ZEKU-M(ゼクーM)」。

一見するとワンポールには見えない形状だが、メインのポールは1本のみ。周囲をエクステンションフレームで立ち上げることで、ワンポールの最大のデメリットである空間の狭さを解決して、広い居住空間を実現している。

似たようなタイプの進化系ワンポールシェルターだと、ベルガンスの「ウィグロ」やオガワの「トレス」がある。

どちらも丸みを帯びた形をしているのに対して、このゼクーMはエクステンションフレームをアーチ状ではなく角を持たせた形にしてあえて外側に配置するなど、ミリタリーっぽいギア感を漂わせた独特のスタイリッシュな佇まい。オンリーワンな存在感を放つシェルターに仕上がっている。

生地には、表面にシリコーン、裏面にポリウレタン(PU)加工を施したポリエステルリップストップが採用されている。

ワンポールテントのもう一つの弱点といえば、夏場の暑さだが、これは6面あるパネルのうち1面を大胆に開口可能なことで解決。このパネルと出入口を全て開口すれば、かなり風抜けが良くなり、暑さを軽減できる。

一見、複雑な形に見えるが、ワンポールテントなので設営は簡単で、ビルディングテープが取付けられた4コーナーをペグダウンしてセンターポールを入れると自立する設計になっている。

ボトムは六角形で、付属の五角形リビングシートを使うと、土間がつくられるので、出入りの際の靴置きや雨具の脱ぎ着に便利。現在のところ、インナーテントの発売予定はないという。

発売は2019年4月上旬の予定。同時に発売となる他の3モデルも注目だ。

 

次ページでは、その他ラインナップをご紹介!

 

Tags

18 Shares

オススメアイテム

RANKING

  • Weekly
  • Monthly
  • Total

SNAP

ARCHIVE

GO OUT ONLINE

RECOMMENDED ITEM

MAGAZINE

BESSの家〜お宅訪問編〜
電子書籍の購入はこちら
大人の宝物 ペルル