ペツルのヘッドランプに新作登場。高出力かつ軽量な薄型モデルは、トレランにもうってつけ!

クライミングや救助の場面で必要になるハーネスなどのギア類、登山用ヘッドランプを製造するフランスの登山用品メーカー「PETZL(ペツル)」から、新作ヘッドランプが登場。1970年代初頭に登山用ヘッドランプを発明した、業界のパイオニアペツルの新作、期待の高まるニュースです。

NAO RL ¥24530

今冬リリースされるのは、ペツルが有するノウハウと技術の粋を結集して開発されたヘッドランプ「NAO RL」。現行の「NAO+」の後継となるモデルで、ペツルの特許技術であるリアクティブライティングと1500ルーメンの明るさを備えます。

独自開発のリアクティブライティングは、センサーにより反射光を分析し、その場に最適な明るさとビームパターンを瞬時に自動で照射する機能。スイッチ操作をする必要が無いため、ユーザーはアクティビティに集中でき、またバッテリーの消費を抑えられるため、長時間の照射が可能。

従来通り後頭部に配されたバッテリーパックと、薄型の本体により、重量バランスに優れ、また重量は145gと軽量。トレイルランニングなど動きのあるアクティビティにも最適です!

充電はUSBポート(Type C)から行い、電池の残量はインジケーターにより確認できます。

取り外し可能で、携帯電話や時計等のデバイス を充電することもできます。本体は、1つのスイッチですべての操作が可能で、2つのモード(リアクティブライティング、スタンダード)や照射レベルの選択が可能。

また、ランタンとしても使える軽量な収納ポーチが付属。

軽量かつ大光量、長時間の使用にも耐えうるハイパフォーマンスなヘッドライト。夜間にもアグレッシブに活動するアウトドアマンには最適な一本です。

照射力:1500 ルーメン(「NAO+」比で2倍)

重量:145 g(「NAO+」比で − 40 g)

ビームパターン:ワイド、ミックス

照射レベル:弱、中、強

照射モード:リアクティブライティング、スタンダード


(問)アルテリア www.alteria.co.jp

Tags
Masahiro Kosaka