ザ・ノース・フェイスから洗練デザインのカトラリー・テーブルウエアがデビュー。

Shinya Miura
pr

THE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス)からこの春、カトラリー・テーブルウエアのコレクション「Land Arms Collection(ランドアームズコレクション)」がデビュー。アウトドアギアとしての機能性と、日常にも溶け込むシンプルで美しいルックスをあわせ持った7アイテムに注目だ。

Table Of Contents : 目次

キャンプでもデイリーでも使いたいカトラリー4種。

カトラリーはステンレス製のフォーク、スプーン、ナイフと、箸がラインナップ。アウトドアギアを連想させる形状は残しつつも、口当たりや手触りをよくするために丸みを帯びた形状も取り入れたデザインが特徴だ。

「Land Arms Spoon」¥1320/「Land Arms Fork」¥1320/「Land Arms Knife」¥1870

ナイフは刃の先端が丸みを帯びているので、 “切る”以外にも“すくう”、“塗る”といった使い方も可能。柄の部分にはザ・ノース・フェイスのロゴが刻印されている。

箸には木目が美しく、優れた剛性と耐水性を誇る積層強化木のComplite®(コムプライト)を採用。持ち手部分は丸く、先端に向けて四角に変化する形状なので、手あたりの柔らかさとつまみやすさを併せ持っている。

「Land Arms Sticks」¥1760

技ありな機能を備えたテーブルウエア3種。

「Land Arms Bowl S」¥1980/「Land Arms Bowl M」¥2310/「Land Arms Plate」¥2640

テーブルウエアは、ボウル2サイズとプレートがラインナップ。注ぎ口にも持ち手にもなる“くちばし”の形状が特徴で、スタッキング時にはくちばしをずらすことで隙間ができ、効率よく乾かすことができるという優れものだ。フチの形状もフラットな仕様になっているので、スタッキングの効率もバッチリ。

ボトムは滑らかな曲線となっているため汚れがたまりづらく、またボトム中央はなだらかに盛り上がっていて 、スープなどの液体は器の端に流れるよう設計されている。ボトム端とスプーンの曲面が同じ角度のため 、合わせて使えばすくいやすさも抜群だ。

フィルデンス コレクションとの組み合わせで統一感もアップ。

カトラリーとテーブルウエアを一通り揃えて使いたくなるランドアームズコレクションだが、実はプレートやボウルのボトム端とスプーンの曲面が同じ角度になっているなど、組み合わせることで使い勝手もアップする。

さらに、2020年春夏シーズンにデビューした「FIELUDENSCollection(フィルデンス コレクション)」のディッシュケースやカトラリーケースと組み合わせることで、ギアの統一感を演出できるのも嬉しい。

ランドアームズコレクションの全 7アイテムは、3月末より全国のザ・ノース・フェイス取扱店舗とブランドECサイトで販売が開始となる。


(問)ゴールドウィン カスタマーサービスセンター tel:0120-307-560 www.goldwin.co.jp/tnf

Tags
Shinya Miura

オススメアイテム