置いておくだけでいい感じの写真が撮影できる自動撮影カメラがキヤノンから登場。

Shinya Miura

キャンプで撮影した写真を見返して「子どもの写真ばかりで自分が一緒に写っている写真がなかった」「家族全員で映っている写真がなかった」というのはよくあるパターン。そんな悩みを解決してくれるカメラが登場した。置いておくだけでいい感じの写真を自動で撮影してくれる、Canon(キヤノン)の自動撮影カメラ「PowerShot PICK(パワーショット ピック)」だ。

Canon「PowerShot PICK」オープン価格

キヤノンの「パワーショット ピック」は、電源を入れて置いておくだけで、自動で被写体の認識や追尾、構図の調整を行い、静止画や動画を撮影してくれる自動撮影カメラ。撮影者が構えて撮影するという従来のカメラと違って、撮影者がいらない、カメラ任せの撮影が可能だ。

キャンプではテーブルの上はもちろん、車のルーフなどに載せて撮影するのも面白そうだ。自動撮影なので、その場にいる全員が被写体になるとともに、カメラを意識しない自然な表情や思いがけない瞬間が撮れそうだ。もちろん手持ちでの撮影も可能で、手ブレ補正を搭載しているのでブレも少ない。

また、一人で行くことが多いフィッシングでも活躍しそうだ。撮影者がいなくても、自分の顔を登録して優先設定にしておけば、あとはカメラまかせ。カメラ部の回転角度は、パン(左右振り)が最大約±170°、チルト(上下振り)が水平を基準に最大約-20°(下)~約90°(上)。ズームとの組み合わせでスムーズな被写体追尾や画角調整をしてくれるので、ファイト中に少しくらい移動してもいい感じで撮影してくれる。

音声コマンドによるハンズフリー操作にも対応しているので、手が離せない状況でも操作可能。静止画・動画の撮影や、被写体の変更などを音声によって操作することができる。また、スマホと連携することで、撮影された静止画・動画の閲覧や、撮影条件のカスタマイズ、カメラのリモート操作などを行うことができる。

さらに、パソコンとWi-Fi で接続することで、カメラの映像をウェブカメラとして使用可能で、映像のウェブ配信も可能となっている。

有効画素数最大約1170 万画素の1/2.3 型CMOS センサーと、光学3 倍ズームレンズ(19-57mm 相当/F2.8-5.0)を搭載しながらも、本体は約170gと小型・軽量で、キャンプや旅行などに気軽に持ち出すことができる。発売は2021 年11 月末の予定となっている。


(問)キヤノンお客様相談センター tel:050-555-90005  canon.jp/cdc

 

Tags
Shinya Miura

オススメアイテム