愛用者が急増中!! 「グリップスワニー」のキャンプパンツが大人気のワケ。

319 Shares

ワークウエアの質実剛健さと、アウトドアウエアの機能性を融合させたGRIPSWANY(グリップスワニー)のキャンプウエア。そのなかで、おしゃれキャンパーを中心にバズりまくり、爆発的にヒットしているアイテムが、大型ポケットを装備したキャンプパンツ。

その機能性を徹底解剖すると同時に、フェスやストリートなど様々なシーンの着こなしも紹介!! 山でも街でも愛用者が急増しているのには、それだけのワケがある。

大型ポケットの魅力は収納力だけにあらず!! 配置や角度も機能的。

ジョグ3Dキャンプパンツ ¥10800

2017年のリリース以来、細かいアップデートを繰り返して進化し続けているキャンプパンツ。その最大の特徴は、腰回りに設置された立体的な大型ポケット。当初はグリップスワニーのグローブを入れるために考案されたものだとか。

しかし完成したモデルはグローブだけでなく、キャンプで使うハンマーやナイフ、さらにスマホやポーチまで、かさばらずに収納できる仕様に。立った状態でも座った状態でも直ぐに手が伸ばせる位置に配置されているのも機能的。

大型ポケットは中央のボタンを留めることでアイテムの収まりもよくなるが、横広で底が深すぎないため、必要なものだけをダイレクトに取り出すことができる。さらにその中に小さなポケットもあるため、ギアを小分けすることも可能。

動きやすくてシルエットも美しい、立体裁断のテーパード。

テーパードがかかった美しいシルエットも魅力のひとつ。足回りがスッキリ見えるため、タフなシューズやブーツとも相性抜群。立体裁断の3D仕様になっているので、アクティブな動きにも対応する。

腰回りはゆったりした作りなので開脚もしやすく、胡座をかいても窮屈に感じない。これならテントの中でもリラックスできる。ウエストもゴムとウェービングベルト仕様なので脱ぎ履きもラク。

タフなストレッチ素材で、ストレスフリーの履き心地を追求。

キャンプウエアにおいてタフな素材は必須。しかしワークアイテム的な解釈で無骨なコットン生地を採用すると馴染むまで時間がかかる。そこでグリップスワニーが提案したのがストレッチ性に優れたコットンツイル生地。

適度に厚手でハリがあるコットンツイル生地にストレッチ性をプラスすることで、ストレスフリーの履き心地を実現。ペグを打ったり焚火に薪をくべたり、なにかと深く座ることが多いキャンプにおいて、この生地感はかなり快適。

ジョグ 3D キャンプパンツ(インディゴ) ¥11800

こちらはキャンプパンツのデニムバージョン。もちろんストレッチ性のあるデニムを採用しているため、履き心地は普通のデニムとは比べものにならないほど軽やか。さらにインディゴ特有の美しい色落ちも楽しめる。

 

次ページでは着こなしスナップを紹介!!

12 >
Tags

319 Shares

RANKING

  • Weekly
  • Monthly
  • Total

SNAP

ARCHIVE

GO OUT ONLINE

RECOMMENDED ITEM

MAGAZINE

BESSの家〜お宅訪問編〜
電子書籍の購入はこちら
大人の宝物 ペルル