パタゴニア渋谷店で開催中のPOP-UPに潜入! 愛用する大切なウエア、蘇らせてみない?

作成

みんな、買い物しすぎてない? まだ着られるのに、ちょっと古いからといって捨てたりしてない? それらの行為のチリツモが地球にダメージを与え続けて、いま、こんなにも環境問題が囁かれているわけ。

思い当たる節があるヒトは「Patagonia(パタゴニア)」の渋谷店で開催されているイベント「Worn Wear」を訪ねて、モノの価値観、ちょっと変えてみて。

Table Of Contents : 目次

Worn Wearを通じて、モノに再び命を吹き込む。

豊かな自然があるからこそキャンプが楽しめるし、山があるからこそスキーや登山などのアクティビティに興じれる。一方で、二酸化炭素の排出は一向に収まらないし、海洋汚染は進むばかりで、このままいけば、大切なフィールド(ボクらの遊び場)が無くなりかねない。だからこそ「パタゴニア」は、真剣に環境を考えている。

とある財団によれば、アパレル業界は2050年までに、全世界の年間二酸化炭素排出量の4分の1を占めるようになるらしい。原材料をつくるにも、製品にするのにも、はたまた廃棄するのにも膨大なエネルギーと資源が使われているからだ。

で、「Worn Wear」のイベントは、モノの価値を考えなおして、製品を大切にする気持ちを促すもの。新しいモノはなるべく買わず、いまあるモノでできる限りやりくりし、地球へのインパクトを極力少なくしようということだ。

具体的にどんなことがイベント内で行われるのかを、少しだけ紹介していきたい。

修理とお手入れを学ぶ。

多くのヒトは、ウエアが破れたり、ジップの調子が悪くなれば、修理はせずにゴミ箱行き。もちろん、ファストファッションの衣類だと復元するのは難しいかもしれないけれど、「パタゴニア」のクオリティであれば話は違う。

ちょっと手を加えてあげるだけで、問題なく使えるようになる。本イベントでは、そんな傷んでしまった衣服をリペアするワークショップがある。しかも、「パタゴニア」以外のブランドのウエアも対象だという。

破れたところにはパッチを、噛み合わせの悪くなったスナップボタンやジップは、新しいものに交換することが可能。しかも無料だというから驚き!

ここで修理をして、ギアを再生させる経験をすることで、今度からはちょっとの傷であれば「捨てずに修理しよう」というマインドになるはず。

ほかにもお手入れの方法を学べたり、修理できないほど傷んでしまったウエアは、ちょっとした小物入れにアップサイクルするワークショップも開催。詳しくはこちらのサイトをチェック!

リサイクルに出したり、中古品を買ったり。

加齢により体つきは変化するもので、たとえば太ってしまってサイズアウトすることも少なくない。子ども用などはまだキレイな状態なのに着られなくなることも多い。そんなギアは捨てずに「Worn Wear」のイベントでリサイクルを。

そして、新しくなにかを買うなら新品よりも中古品。イベント期間中は、シェルやフリースなどをはじめ、「パタゴニア」の古着が集結している。懐かしのアイテムたちも多数ラインナップされていて見応え十分。

また、不要になった「パタゴニア」のウエアやラゲッジ、アクセサリーを検品・査定して買い取ってくれるイベントも期間中に開催。買取対象製品と買取価格の目安は、こちらのサイトからチェックを。

ウエアをアップサイクルした1点モノにも注目。

期間中には、中古品をリメイクした世界にただひとつのアイテム「Worn Wear ReCrafted」も渋谷店にて販売。

古いウエアのさまざまな端切れから作られているから、正真正銘、この世にただひとつ。大人気のスナップTも大胆にリメイクされ、いつもの「パタゴニア」のアイテムとは違った表情を楽しむことができる。

人気の高いナノパフベストも、破れてしまった箇所をブロックごとに生地のカラーを変えて補強したり、袖口のパイピングをオレンジにしたりと、絶妙なアレンジがいいカンジ。

ウエアのみならず、バッグのリメイク品もあったりする。同じく端切れを切り貼りして、アウトドアのコーディネートに映える、ビビッドなカラー。

ちなみにこちらのバッグは、シェルのフードを使用し作られているのだとか。実際に裏返してみると、まんまフードのディテール! フードの丸みがカワイらしく、容量も見た目以上。いやはや、フードをバッグにするとはお見事。

ただ、これらのアイテムを買うときも、「本当にこのアイテム、必要なのか?」と自問することは忘れないように。必要ないモノは、買わないように!

長く、大切に使われたギアってかっこいい。

「Worn Wear」の期間中、店内にはリペアされたアイテムや、実際にユーザーが長年愛用してきたギアも展示・紹介されている。それがまた、かっこいいのだ。

決してキレイとはいえないけれど、ピカピカの新品にはない哀愁とストーリーが垣間見えるし、やっぱりアウトドアギアは、思いっきりフィールドで使って、使って、使い古されたときに真のかっこよさが滲み出てくる。その展示もまた、モノを大切に使おうという気持ちに拍車をかけてくれるはず。

そろそろ簡単に使い捨てることはやめにして、地球の未来のために消費行動をいま一度考え直すとき。「Worn Wear」でそのきっかけを探してみて。

Photo/Yuma Yoshitsugu


「Worn Wearポップアップストア パタゴニア 東京・渋谷」 
開催期間:2024年5月24日(金)~ 8月4日(日)
開催場所:パタゴニア東京・渋谷ストア2階
住所:東京都渋谷区神宮前6-16-8
Instagram:Worn Wear@wornwearjp/パタゴニア東京・渋谷@patagonia.shibuya

◆買取イベント
開催日:6/1(土)、6/2(日)、6/22(土)、6/23(日)、7/20(土)、7/21(日)
受付時間:11:00~18:00(17:00受付終了)

◆リペアイベント
開催日:6/8(土)、6/9(日)、6/29(土)、6/30(日)、7/13(土)、7/14(日)、7/15(月)
実施時間:11:00~18:00(17:00受付終了)
・穴が開いてしまったり、破れてしまった箇所に生地を当て、ミシンで補修するリペア。
・リペアテープを使った修理や、プル紐の交換、スナップボタンの取り付け等、ミシンを使用しないリペア。

◆アップサイクルイベント
開催日:6/15(土)、6/16(日)、7/6(土)、7/7(日)、7/27(土)、7/28(日)
受付時間:11:00~18:00(17:00受付終了)
・Tシャツマイバッグワークショップ
着古したマイTシャツを使用し、マイバッグへとアップサイクルさせるワークショップ
・あずま袋アップサイクルワークショック
手ぬぐいサイズ以上の大きさ(約30cm.90cm以上)の布や、手ぬぐい、端切れなど不要になった布地を使用し、あずま袋へとアップサイクルするワークショップ。

※各イベント詳細:www.patagonia.jp/wornwear/#asset-modal-jp-ww-buy-used-modal


Tags
Keisuke_Kimura
作成