インパクトあふれるグラフィックにソソられる、着こなしの主役を担うスウェット&パーカ6選【買えるGO OUT】

冬の時期はインナーとして使え、暖かくなればアウターとして着回せるスウェット&パーカ。ベーシックな無地タイプも良いですが、個性を主張したいならグラフィックモノに軍配。今回は各ブランドのセンスが散りばめられた、オンリーワンの魅力を持つ一枚をピックアップしました。

Table Of Contents : 目次

01. WILDERNESS EXPERIENCE(ウィルダネス エクスペリエンス)

WD×タックルベリー ノーバイトクルーネックスウェット ¥8250

スケートブランドのようなグラフィックながら、よく見ると釣り人を描いたユニークなデザイン。“アタリすらない”という屈辱的な場面をキッチュに表現しています。

 

02. UNIVERSAL OVERALL(ユニバーサル オーバーオール)

SWEATHOODIE_WINDY Jr. ¥9790

気さくで優しい人柄のオリジナルキャラ・WINDY Jrを落とし込んだ愛らしいデザイン。柔らかな手触りがたまらないフロッキープリントが使用されています。

 

03. MANASTASH(マナスタッシュ)

LEAF LOGO CREWSWEAT ¥8800

ブランドを代表するリーフロゴを、スケーター御用達の某雑誌を思わせるデザインで表現。そのロゴを引き立たせるため、あえてモノトーンカラーのボディがベースに。

 

04. TASF(タスフ)

TASF バスヌードパーカー ¥8800

Tシャツで絶大な支持を得たグラフィックをミドルウェイトのパーカに採用。日本の春画をバスフィッシングに置き換えたという遊び心のあるバックプリントに注目です。

 

05. gym master(ジムマスター)

“HAPPY SMILE”スウェットビッグTee ¥6490

年齢や性別が異なる9人の笑顔がバックに並べられた、着用するだけで気分を上げてくれるようなデザインに。胸元にはポジティブなメッセージとロゴがプリントされています。

 

06. ROTAR(ローター)

EAR RUPTURE PO PARKA ¥8800

スクエアなトリミングにドクロなどを描き、ハードコアバンドのレコードジャケットのようなグラフィックに。真っ赤なボディカラーも相まって、着こなしに迫力を与えてくれます。

 

スケートや釣りのカルチャーを取り入れたり、音楽のテイストを盛り込んだりと、どのグラフィックアイテムもオリジナリティが満載。コーディネートのメインになるアイテムはGO OUT Onlineにて手に入ります。

Photo/Sosuke Shimizu、メーカー提供

Tags
Shohei Kuroda