ポストオーバーオールズの新作ジャケットに注目。カラーと素材にバリエーションを設けたハンティングウエア。

ヴィンテージワークウェアの造詣が深い大淵毅氏が、1993年にアメリカでスタートさせた「POST O’ALLS(ポストオーバーオールズ)」。2023年に設立30周年を迎える同ブランドから新作として、ノーカラーハンティングハーフジャケット「DEE V」が登場します。

DEE V(crinkle nylon taffeta) ¥47000

本作は縦型の上ポケットの底が下ポケットのフラップになるハンティングポケットのヴィンテージデザインが特徴のDEEシリーズを、 ジップアップ式で襟なしバージョンにアップデートしたニューモデル。

ボディの素材も表情豊かなクリンクルナイロンタフタ、春夏らしい軽快感のあるポリシアサッカー、経年変化が楽しみなリビーツイルの3種類を用意。カラバリもそれぞれの素材の風合いを活かした3色を展開し、計9バリエーションという豊富ラインナップとなっています。

DEE V(poly seersucker) ¥48000

DEE V(ribby twill) ¥48000

ポストオーバーオールズの数あるプロダクトの中でも珍しいパーカーモデル「DEE Parka」のバージョン3は22FWシーズンにリリースされましたが、今作はフードを無くし軽量化。春夏シーズンに向けた涼しさを演出してくれるほか、ネック周りがすっきりしたことにより、様々なアイテムとのレイヤードスタイルを楽しみたいところ。

これから本格的な冬を迎えますが、来年の暖かい季節に向けた準備としてワードローブに迎えてみてはいかがでしょうか。


(問)ポストオーバーオールズ tel:03-5942-1545 postoveralls.com

Tags
Kei Matsuo