20mmベルトにフィットする、ルートコーの新作マグネット付きリール。

“ギア感”のある、スマホケースやストラップなどのモバイルギアが人気のブランド「ROOT CO.(ルート コー)」。そんな同ブランドのモバイルギアシリーズ「GRAVITY」から、新作のマグネット内蔵リールキーホルダー「MAG REEL SQR.」と「MAG REEL SQR. LITE」が登場。

左:SQR. 右:SQR. LITE
(左)MAG REEL SQR. /(右) MAG REEL SQR. LTE

今回の新作は、既に発売中で人気のマグネット内蔵リールキーホルダー「MAG REEL 360」に続くアイテム。「MAG REEL 360」がカラビナタイプであったのに対し、こちらは基本機能はそのままに、他のギアへのフィット感と拡張性を重視した作りになっている。

MAG REEL SQR.

MAG REEL SQR. ¥4400

「MAG REEL SQR.」は、最長約85cmまで伸びるリールを備えたモデル。リールラインの先はカラビナ付きのリングとなっており、繋いだアイテムをクイックに付け外しできる。

片側はスリット付きのループとなっており、20mmのベルトが通せ、ブラックのブランドのロゴ入りベルクロテープが1本付属する。推奨吊り下げ重量は300g。

MAG REEL SQR. LITE

MAG REEL SQR. LTE ¥3300

「MAG REEL SQR. LTE」は、「MAG REEL SQR. 」よりもひと回りコンパクトなモデル。リールの最長伸び幅は約65cm。スリット付きのループは20mmだけでなく、25mmのベルトにも対応している。こちらもベルクロテープが1本付属。推奨吊り下げ重量は150g。

同シリーズの魅力はなんといっても、リール付きなではの便利さ。スマートフォンや、ターボライター、LEDライトなどの小物を取り付ければ、外すことなくクイックに使用でき、紛失や落下を防げる。

リール部分にはマグネットが内蔵されているので、リールを戻した際にカチッとリング部分が固定される。マグネットにより取り付けたものの重さで勝手にリールが伸びるのも防いでくれる。

本体がスクエア型になり、スリット付きのループを設けたことで、バックパックやフィッシングベストのショルダーベルトによりフィットするようになっている点も見逃せない。

左2点:SQR. 右2点:SQR. LITE

付属のベルクロテープを使用すれば、一般的なカラビナや回転式ナスカンと組み合わせでき、さまざまなアレンジが可能。

ベルトは20mm幅なので、MOLLE規格のウェビングテープを備えたミリタリーポーチやウエアとの相性も抜群だ。使い手の想像力次第で、便利さがさらに広がることだろう。

今後、拡張性の高さを活かし、さまざまなオプションパーツが発売予定の本アイテム。その伸び代にも期待が高まる。

「MAG REEL SQR.」と「MAG REEL SQR. LITE」は、「ROOT CO.(ルート コー)」の公式ECサイトにて、現在予約販売中で、正式発売は2023年1月中旬予定。いち早く入手したい方は、見逃し厳禁だ。


(問)ROOT CO. root-co.net/play/item/pofp-440/

Tags
akimoto yuuki