エカルとグラミチによるコラボフリースが、着やすくバージョンアップして登場!

人気セレクトショップのアーバンリサーチが放つ、アウトドアブランド「EKAL(エカル)」は、蓼科にある湖を背景にブランドとのコラボレーションを展開しフィールドと街を繋ぐアイテムをラインナップしている。その中でもすっかり定番となった「GRAMICCI(グラミチ)」に肩から別注をかけているフリースアイテムが、バージョンアップして登場。

フリースプルオーバー ¥17600

2022秋冬モデルは、素材を毛足の短いフリースに変更し、保温性はそのままにスポーティーな雰囲気をプラス。スタンドカラーにゆとりを持たせることで、首もとのボタンを留めても締め付け感なく身につけることができるようになった。後ろの身頃を長くし、サイドにスリットを設けることで、立体感を演出。

サイズはS.M.Lの3つを展開しユニセックスでの着用も面白そう。ゆったりとしたシルエットで、肩肘張らずに普段使いできそうだ。リモートワークが定着し、部屋着と外着の境界線がなくなっているなかで、家でも外でも自然に着れるアイテムだ。


(問)アーバンリサーチ オンラインストア tel:050−2017−9011

Tags
Tatsunori Takanashi