フレッシュサービスが新たなライン「フレッシュサービススポーツ」をローンチ。

Tatsuhiro Yamada

ディレクターの南貴之氏が世界中で作られているものを独自の視点で再構築し、 新たな製品として提案するプロジェクト「FreshService(フレッシュサービス)」。

“道具”という明確な用途を持った衣服と”ファッションやアート”の観点で作られる道具。 大量生産が困難な産地や顔が見える距離の作り手、大量生産でありながら実用性や機能性の高い メーカーや工場と取り組み、ステーショナリーやカトラリー、タオルなどの日用品から、 ユニフォームやワークウエアをイメージした衣服まで、手に取る人のライフスタイルを豊かにする アイテムを取り揃えている。

その「FreshService」から派生し、都市生活に必要最低限の機能を備え、 快適でリラックス感の溢れるスポーツ・カジュアルウェアを提案する新たなライン 「FreshServiceSport(フレッシュサービススポーツ)」がローンチ。

世界的にサッカー熱が高まるこの時期にサッカーショップKAMOと協業し、サッカーにフォーカスをあて、アイテムに機能素材を用いて ”オフピッチ” をイメージしたオリジナルウェアと、 サッカーショップKAMOとの取り組みならではのサッカーグッズを展開する。

PERTEX QUAMTUM DOWN ANORAK ¥63800

世界最軽量クラスの極細糸を高密度に織り上げているため、非常に軽量で優れた強度を誇るPERTEX QUAMTUMは、ダウンジャケット、寝袋等に適しており、厳しい環境下でも十分使用に耐えうる強度が特徴の素材。ボリューム感のある独自のオーバーサイズ シルエットで超軽量に仕上げたダウンアノラックとなっている。

SOLOTEX SUNBUNER BENCH COAT ¥41800

ソフトな風合いとストレッチ性、シワになりにくく型崩れにも強いソロテックスは、肌触りにも優れた抜群の着心地の素材。水分を吸収して発熱する機能中綿「サンバーナー」を組み 合わせたベンチコートはゆったりとしたシルエットで日常から試合観戦まで幅広く活躍する1着に仕上がっている。

まずは、11月2日 (水)より開催する伊勢丹新宿メンズ館にてサッカーショップKAMOの新しいカタチ “ロッカールーム” と題したポップアップストアをローンチの舞台として先行販売。

1st Half (前半戦)を終え、2nd Half (後半戦)として11月12日 (土)よりFreshService Headquarters 、 FreshServiceの一部取扱店舗、オフィシャルオンラインストア、並びにサッカーショップKAMO原宿店、梅田店、オンラインストアにて販売がスタートする(*2nd Halfは店舗により展開アイテムが異なります)。サッカーファンならずともチェックしておきたいアイテムだ。


(問)FreshService headquarters tel:03-5775-4755 freshservice.jp

Tags
Tatsuhiro Yamada