ケルティの仕事でも休日でも使える、オールブラックな都市向けバッグ。

アメリカの老舗アウトドアブランド「KELTY(ケルティ)」。本国では、テントやタープといった本格的なアウトドアギアを展開しているが、ここ日本では創業者であるケルティ氏が基本概念を構築されたと言われている、バックパックが人気となっている。

今回は、フィールドでの使用はもちろんのこと、ファッションアイコンとして、普段使いでも人気のアイテムをさらに進化させた、オフ時間だけではなくオンタイムでも使えるブラックアウト仕様な大人モデルの「URBAN ALL BLACK LINE」に4つの新商品をご紹介!

URBAN WINDJAMMER(アーバン ウインドジャマー) ¥22000

まずは、バックパック、ショルダーに手持ちと3ウェイで使える小型のモデル。バッグの特性上、縦からも横からもアクセスしやすいメインの収納の他に、ノートPCやタブレットを収納するためのマイクロフリースを採用したポケット装備。コンパクトなサイズ感ながらたっぷりとした収納力を持つ。

URBAN BOSTON BAG(アーバン ボストン バッグ) ¥14850

仕事だけではなく、旅行やゴルフなどしっかりと荷物が収納できる、41Lと大容量のボストンバッグ。フロントポケットにロゴをあしらっただけのシンプルなデザインは、幅広い場面で活躍間違いなし。ショルダーストラップは、肩への負担が少ない幅広で厚めのタイプだ。

URBAN NYLON TOTE M 2.0(アーバン ナイロン トート M 2.0) ¥12100

フラットなデザインのナイロントートバッグにも、マイクロフリースを採用したPC用の専用ポケットを装備。取り外し可能なショルダーストラップ付きなので、両手をフリーな状態で使用することが可能だ。

URBAN TABLE MOUNTAIN(アーバン テーブル マウンテン) ¥16500

2つのポケットを配したデイバッグは、止水ファスナーを使用したもの。20Lのメイン州右脳内に、11インチのPCが収納できるポケット付き。手持ち用のハンドルを備えているので、電車などの乗車時には片手に持ち帰ることも可能だ。


(問)アリガインターナショナル tel:03-6659-4126

ケルティ公式サイト:www.kelty.co.jp/

Tags
Tatsunori Takanashi