ゴアテックス×高断熱材×電熱パッド。フェニックスの70周年記念ジャケットがスゴイ。

Shinya Miura

2022年SSから本格的に再始動した新生phenix(フェニックス)。1952年に日本で誕生して以来、当時は最新素材だったナイロンをいち早くスキーウエアに導入するなど、スキーウエアブランドとしてウインターシーンをけん引してきた。そんなフェニックスが今年2022年にブランド創設70周年を迎えることを記念して、究極の暖かさを追求した特別なジャケットを発表した。

phenix「F70 URBAN EXPLORER JACKET」¥75900

フェニックスの「F70 URBAN EXPLORER JACKET(F70アーバンエクスプローラージャケット)」は、さまざまな素材や技術を組み合わせて究極の暖かさを追求した新世代のジャケット。

表地には、高い防風性と優れた透湿性を備えたGORE-TEX INFINIUMファブリクスを使用。内側には、中綿のほかに、軽量で通気性、 柔軟性、 耐久性にも優れ、宇宙服にも使われている高断熱素材「エアロゲル」もインサート。さらに、背中部分には電熱パッドを搭載。モバイルバッテリーに接続することで、35℃/45℃/55℃の3段階の温度調節が可能になっている。

シンプルなデザインながらもスキーウエアで培われた技術力を生かした高機能仕様になっていて、ヘルメットの上からもかぶることが可能なフードや、スキーウエアと同スペックのベンチレーションシステムも採用。タウンユースはもちろん、ウインタースポーツでも着用できるジャケットに仕上がっている。

2022年3月31日(木)まで、オンラインサイトで予約販売中。2月7日から3月31日まで「+phenix GINZASIX店」で、サンプル品の試着が可能となっている。


(問)SHIFFON shiffon.com/

 

Tags
Shinya Miura

オススメアイテム