ジムニーとジムニーシエラがキャンピングカーに! ピタッとハマる専用設計ルーフテントが登場 !

キャノティエ J3
Table Of Contents : 目次

■由良拓也のムーンクラフトが手がけたローシルエット

●ジムニーの走りを犠牲にしない、低重心化を実現

キャンプや渓流釣り、登山など、本格的な趣味からお手軽なアクティビティまで、アウトドアが似合う軽自動車といえば、スズキ・ジムニーが真っ先に思い浮かびます。

ジムニー、ジムニーシエラ専用ルーフテント「Canotier(キャノティエ)J3 」装着車

ジムニーを使って車中泊をしながら充実のカーライフを過ごしたい…と考えている方も多いはず。

実際に、こうしたスタイルを楽しむ「ジムニー女子」が話題を集めたことも。また、トイファクトリーなどの大手キャンピングカービルダーも、ジムニーをベースとした軽キャンパーを手がけています。

伸縮式ハシゴも付属

今回ご紹介するのは、ジムニー専用のルーフテントです。静岡県御殿場市のカマドが手がける「Canotier J3」は、ジムニー/ジムニーシエラのポップアップルーフ化を実現。企画、設計、デザインを手がけたのは、レーシングカーデザイナーの由良拓也氏が率いるムーンクラフトです。

ルーフの前後長が短いジムニー、シエラでポップアップルーフ化を実現

レーシングカーの設計は、見た目だけでなく、空力性能など多様な要素が求められます。ジムニー/ジムニーシエラ専用のルーフテントを手がけたムーンクラフトは、純正部品のようなローシルエット、低重心を果たしています。

多様な車種に装着できる汎用品のルーフテントは、数多く発売されています。高い汎用性という利点がある一方で、高速走行時の風切り音が気になったり、重心高が高くなり、ジムニー自慢のオフロード性能が発揮できなかったりするシーンもあるそう。

耐候性、遮光性や保温性を確保する

今回、発売されたジムニー専用ルーフテントは、ジムニーのルーフ形状を三次元スキャナーで正確に計測し、純正のように緻密に設計・装着が可能になったのが最大の特徴です。

また、テントの展開も油圧ダンパーとリンケージ機構により、1人でも容易に操作できるそうです。本体はFRP製で、モーターボートと同様のゲルコート仕上げ。軽量かつ耐候性や耐久性に優れていて、リンケージ機構はアルミフレームを採用。

●ルーフテントなので暑さやクマ対策でも有効

ジムニー、ジムニーシエラ専用ルーフテント「Canotier(キャノティエ)J3 」装着車

テント生地は、ウェットスーツにも使われているネオプレーン生地を用いることで、遮光性や保温性も確保されています。

ジムニー/ジムニーシエラは3ドアということもあって、軽ハイトワゴンなどと比べると、キャビンは決して広くありません。ルーフの前後長も短いため、ルーフ後端部を折りたたみ展開式とすることで解決。これにより、身長180cmの人でも足を伸ばして就寝することができるそうです。

なお、展開時のサイズは、長さ2100mm×幅1120mm×高さ970mmで、重量45Kg。また、ルーフテントは高い位置で就寝するため、夏場でも比較的涼しく、周辺キャンパーの動きや近年問題になっている熊などの野生動物の被害を受けにくいというメリットも享受できます。

●商品名:Canotier(キャノティエ)J3
●適合車種:ジムニー(JB64W)/ジムニーシエラ(JB74W)専用ルーフテント
●付属品:伸縮式ハシゴ、フロアシート、ウレタンマット、専用ケース
●税込本体価格(取付費込):77万円※カマド自動車(静岡県御殿場市)での取付が必須

(文/写真: 塚田勝弘)

その他クルマに関する記事なら、姉妹サイト「クリッカー」をチェック!! 

Tags
GO OUT編集部