ワーゲンバスのEV復刻版「ID.Buzz」が東京ミッドダウンで日本初公開!インテリアも全部見せます!

フォルクスワーゲンの新型電動ミニバン「ID.Buzz」が東京・六本木の東京ミッドタウンで開催中のポップアップブース「ID.SQUARE」で日本初公開された。気になる詳細を写真でお届けしよう。同ブースでは12月25日まで、現車展示が行われている。

Table Of Contents : 目次

ワーゲンバスがEVになって復刻。日本での発売が待ち遠しい!

フォルクスワーゲン「ID.Buzz」 全長4712mm×全幅1985mm×全高1937mm ホイールベース 2989mm (欧州仕様)

フォルクスワーゲンが取り組んでいる脱炭素化戦略「Way to ZERO」の活動について、楽しみながら体感できるポップアップブース「ID.SQUARE」が12月12日(月)〜25日(日)に東京・六本木の東京ミッドタウンで開催され、長年フォルクスワーゲンのブランドアイコンとして親しまれてきている「タイプ2(通称:ワーゲンバス)」がEVとして生まれ変わった「ID.Buzz」が日本で初めて公開された。

今回参考展示された「ID.Buzz」は、右ハンドルのアイルランド仕様。日本での発売時期や仕様は未定だが、注目の高い一台であることは間違いないだろう。

ID.バズのボディサイズは、全長4712mm×全幅1985mm×全高1937mm ホイールベースは2989mm。大柄なボディながら空気抵抗係数(cd値)はわずか0.29と優れた数値を確保しており、電力消費を抑え航続距離を延ばすことに貢献している。足元に21インチの大径ホイールを履きスタイリッシュに仕上がっている点も見逃せない。

メッシュ形状のバンパーの中には、ADASなどのセンサー類が隠されている。
リヤハッチは電動パワーゲートが採用されているので、小柄な人でも困ることはない。

バッテリーのエネルギー容量は77kWh、最大航続距離424kmを実現。電気モーターはリアアクスルに組み込まれ、最大出力204ps(150KW)、最大トルク310Nmを発揮。0-93km/h(62mph)加速は、10.2秒となかなかに優れている。

水平基調のインパネと明るい色のカラーリングで広々とした室内空間を演出。ホワイトのステアリングも印象的だ
インパネ中央に12インチの大型ディスプレイ
メーターディスプレイはId.4と同様の5.3インチディスプレイをステアリングコラムに固定

インテリアは、11月にデビューした新型EV「ID.4」と同様に、中央に12インチのディスプレイ、ステアリングコラムに固定された5.3インチのメーターディスプレイを備える。ドライブモードセレクターは、ウインカーのようなレバー式となっている。白を基調とした内装やステアリングなど独自路線のインテリアデザインは注目度バツグン!

ラゲッジはオプションのボードで2段に仕切ることができる。
ホイールは21インチ。タイヤサイズは235/45R21
ドライブモードセレクターはレバー式。
操作方法はID.4と同様にで前方に撚るとドライブ。後方に撚るとバックとなる。
ラゲッジスペースの壁面はソフトな質感の素材。ID.バズのイラストを刻印するなど遊び心を大切にしている。

その他クルマに関する記事なら、姉妹サイト「モーターファン」をチェック!!

関連記事

Tags
GO OUT編集部