フィアットのベストセラー商用車「デュカト」が12月1日より国内販売開始!

ステランティスジャパンはこのほど、フィアット プロフェッショナルのベストセラー商用車「DUCATO(デュカト)」の2022年モデル(シリーズ8)を導入し、12月1日よりフィアット プロフェッショナル正規販売代理店にて発売した。税込車両価格は512万5000円〜。

Table Of Contents : 目次

全長5410mmの「L2H2」のほか、同5995mmの「L3H2」とそのハイルーフ版「L3H3」の3モデルをラインナップ

ステランティスジャパンはこのほど、フィアット プロフェッショナルのベストセラー商用車「DUCATO(デュカト)」の2022年モデル(シリーズ8)を導入し、12月1日よりフィアット プロフェッショナル正規販売代理店にて発売した。税込車両価格は512万5000円〜。

日本初導入となるデュカトは、2020年に誕生40周年を迎えた長い歴史をもつ小型商用車。2020年と2021年にはヨーロッパにおいてベストセラーモデルとなり、欧州商用車市場で7割のシェアを獲得している。

日本市場においては、活況を呈するキャンピングカー市場を見据え、キャンピングカーのベース車両として正式に導入された。項目ごとに特徴を見ていこう。

エクステリア
フィアットのデザインチームは、他社とは一線を画す魅力的でイタリアならではのスタイリングを提供する。大型のフロントグリルには、イタリアのアテッサ工場で製造されたことを示す、象徴的なフィアットのエンブレムが装着されている。また、LEDテクノロジーを採用したヘッドライトおよびデイタイムランニングライトを装備し、デュカトならではのライト・シグネチャーを表現。バンパー下部の左右には、コーナリング機能付きフロントフォグランプを備えている。

ボディ骨格には、日本における商用車セグメントでは他に類を見ない、伝統の「オールフォワード」アーキテクチャーを採用。前輪駆動の利点を活かした広い荷室空間と多様なアレンジにより、優れた快適性と積載性を実現している。

インテリア
インテリアは実用的であると同時に、安全で快適な空間であることを念頭にデザインされている。電動パーキングブレーキや、機能的で省スペースなドアパネルの採用により、広いキャビンスペースを実現。操作スイッチ類を集約した革巻きのステアリングホイールのほか、メーター類は7インチフルカラーTFTディスプレイとするなど、乗用車と遜色のない運転感覚を味わうことができる。また、デジタル処理したリヤビュー画像を表示するデジタルルームミラーを採用し、後方視界を確保する。

センターコンソール中央には、10インチタッチスクリーンを備えたUconnectインターフェイスを装備。ナビゲーションシステムをはじめ、Apple CarPlayやAndroid Autoも使用可能だ。また、スマートフォン用ワイヤレスチャージャー、3つのUSBポート(タイプA×1/タイプC×2)、さらに3つのカップホルダーを装備している。キーレスエントリー&ゴー機能により、キャビンおよび荷室ドアの施錠/解錠やエンジンの始動はキーなしで行える。

運転席および助手席には、キャプテンシートを採用。一体型ヘッドレスト、幅広のバックレスト、サポートの優れたダブルアームレストを備え、快適性を高めている。また運転席、助手席ともに180度回転させることができるため、キャンピングカーユースの際には、車両前方のスペースも効率的に利用できる。

パワートレイン
日本に導入される2022年モデルのデュカトは、180ps/450Nmを発する第3世代の2.2ℓ「MultiJet 3」ディーゼルエンジンを搭載。高効率かつ耐久・信頼性に優れたこのエンジンには、スムーズな作動を特長とする最新の9速ATが組み合わされる。

安全装備およびドライバーアシスタンス
新型デュカトは商用車カテゴリーでありながら、乗用車セグメントに準じたパッシブ&アクティブセーフティ機能を備えている。スピードリミッター、予期せぬ障害物に遭遇した場合のブレーキ制御(フォワードコリジョンウォーニングおよび歩行者検知機能付き衝突被害軽減ブレーキ)、ドライバーの意図しない走行レーンからの逸脱を防ぐ、レーンキーピングアシスト、トラフィックサインレコグニションなどが備わる。

エレクトロニック・スタビリティ・コントロール(ESC)は、車両安定性のための最先端の電子システム。車両の走行状態(方向と車輪の動き)を常に監視し、必要に応じて片輪にブレーキをかけたり、エンジン出力を低下させるなど、より安全性を高める。

トラクションプラスは泥、砂、雪などの走行をサポートするインテリジェント電子制御式ディファレンシャルロック。スリップしたホイールから最もグリップしているホイールにトルクを伝達し、トラクションを回復させる。

モデルバリエーション
2022年モデルのデュカトとして日本に導入されるのは以下の3種類。
•L2H2:全長5410×全幅2050×全高2525mm/ホイールベース3450mm
•L3H2:全長5995×全幅2050×全高2525mm/ホイールベース4035mm
•L3H3:全長5995×全幅2050×全高2765mm/ホイールベース4035mm

ボディタイプは標準の「L2H2」と、ロングホイールベース版「L3H2」、そしてロングホイールベースのハイルーフ仕様「L3H3」の3つを設定。L2H2およびL3H2の室内高は1970mm、L3H3の室内高は2210mmだ。

最大積載重量は、L2H2が1300kg、L3H2が1250kg、L3H3が1200kg。広い開口部を備えたスライディングサイドドアと横開きのリヤドアにより、荷物の積み降ろしは容易だ。

●フィアット プロフェッショナル「デュカト」モデルラインナップ
・L2H2:512万5000円
・L3H2:530万円
・L3H3:547万5000円
※価格は消費税込み

その他クルマに関する記事なら、姉妹サイト「モーターファン」をチェック!!

関連記事

Tags
GO OUT編集部