ジープのサブスクリプション型リース「Jeep First Ride」が登場!

ステランティスジャパンおよびジャックス、ジャックスリースはこのほど、ジープブランド初となるサブスクリプション型リースの「Jeep First Ride」を共同開発し、11月18日(金)より全国のジープ正規ディーラーを通じて取り扱いを開始した。

頭金の用意や税金の支払い、契約期間中の整備点検費用などが必要なく、月々の定額利用料でジープに乗れるプログラム。ジープ公式サイトにてオンライン審査が可能

ステランティスジャパンおよびジャックス、ジャックスリースはこのほど、ジープブランド初となるサブスクリプション型リース(※)の「Jeep First Ride」を共同開発し、11月18日(金)より全国のジープ正規ディーラーを通じて取り扱いを開始した。
※毎月一定金額を支払うことでクルマを利用でき、解約も可能(追加清算金が必要)というサブスクリプションの要素をオートリースにて提供する商品

「Jeep First Ride」はステランティスジャパンとジャックスグループが共同で開発したサブスクリプション型のリース商品。対象車種はレネゲード、レネゲード4xe、ラングラー、そして10月24日より受注を開始したコマンダーと、若い世代にも人気のラインナップを揃えている。

「Jeep First Ride」は、頭金の用意や税金の支払い、契約期間中の整備点検費用などが必要なく、月々の定額利用料で車両に乗れるプログラム。さらに年齢や保険等級を問わない任意自動車保険がセットになっており、車両保険や万一の際の弁護士費用に加え、ボディやガラス、タイヤまでを含む安心の補償が提供される。

契約期間中に車両が不要になった場合については、6カ月毎の更新月に清算金を支払うことで早期契約終了が可能となる(前受金により、清算金の支払いなく早期に契約終了するプランもあり)。

ジープ公式ウェブサイトの「Jeep First Ride」ページにてオンライン審査が可能となり、「サブスク」と「オンライン」という若い世代にも受け入れやすい環境で、簡単かつ気楽に憧れのジープに乗ることを実現できる。

月額利用料(すべて消費税込み)の例としては、レネゲード・リミテッドで5年月額5万9400円(ボーナス加算10回11万円)、レネゲード4xeリミテッドで5年月額7万1500円(ボーナス加算10回11万円)、ラングラー・サハラで5年月額8万9100円(ボーナス加算10回16万5000円)。コマンダーは12月中旬に取扱開始の予定となっている。なお、契約終了後は、車両を返却して新しいクルマへの乗り換えが可能だ。

また、11月18日からは、レネゲードとレネゲード4xeのみの取扱いだった個人向けカーリースサービス「Jeep Flat Ride」に、新たにラングラーとコマンダーが追加された。

その他クルマに関する記事なら、姉妹サイト「モーターファン」をチェック!!

Tags
GO OUT編集部