MINIクロスオーバーPHEVに特別仕様車「アルバートブリッジエディション」が登場! 特別なボディカラーやレザーシートを採用。

GO OUT編集部

ビー・エム・ダブリューはこのほど、MINIクロスオーバーのPHEVモデルに特別仕様車「MINIクーパーSEクロスオーバー・オール4・アルバートブリッジエディション」を設定し、11月10日に発売した。税込車両価格は559万円。

Table Of Contents : 目次

MINI 3ドア/5ドア/コンバーチブルで人気のあるボディカラー「ルーフトップ・グレー」を特別に採用

ビー・エム・ダブリューはこのほど、MINIクロスオーバーのPHEVモデルに特別仕様車「MINIクーパーSEクロスオーバー・オール4・アルバートブリッジエディション」を設定し、11月10日に発売した。税込車両価格は559万円。

この特別仕様車の名前の由来となっている「Albert Bridge(アルバートブリッジ)」は、ロンドンのテムズ川に掛かる趣のあるアルバート橋のこと。アルバート橋は、夜にはたくさんのライトで彩られ、ロンドンの名所となっているスポットだ。MINIは、2030年代に全モデルが電気自動車になる見通しとなっているが、この特別仕様車を現行モデルから電気自動車への架け橋となるモデルと位置付け、モデル名にアルバード橋の名前を取り入れている。

アルバートブリッジエディションは、PHEVモデルのMINIクーパーSEオール4をベースに、限定のボディカラーやレザーシートなど、ハイグレードな仕様を施した特別仕様車。エクステリアは、MINI 3ドア/5ドア/コンバーチブルで人気のあるボディカラー「ルーフトップ・グレー」を特別に採用し、ブラックルーフ、ブラックミラーキャップ、ピアノブラックエクステリアとのコンビネーションで、都会的かつスポーティな印象としている。

さらに、19インチのアロイ・ターンスタイル・スポーク2トーンのホイールが、MINI クロスオーバーのパワフルなSUVらしさを強化し、MINIのPHEVモデル専用カラーである黄色をベースにデザインされた専用パーツが、さりげなく特別感を高めている。

インテリアは、MINIクラブマン専用シートとして人気を博したレザー・チェスター・インディゴブルーを特別に装備。深く美しいブルーがドアトリムおよびダッシュボードのアクセントストリップと連動し、インテリア全体に一体感をもたらす。

インテリアサーフェスにはMINI Yoursインテリア・スタイル・シェーデッド・シルバー・イルミネーテッドを採用し、ダッシュボードを彩るイルミネーションが、上質な室内空間を演出。この特別仕様車専用のデザインパーツとしては、専用バッジを施したフロアマットやエンブレム入りのドアシル、さらに上質なレザーを用いたナッパレザーステアリングのスポーク下部にも「ALBERT BRIDGE EDITION」を表示している。

●「MINIクーパーSEクロスオーバー・オール4・アルバートブリッジエディション」主な特別装備・仕様
・ボディカラー:ルーフトップ・グレー
・ブラックルーフ&ミラーキャップ
・19インチ アロイ・ターンスタイル・スポーク2トーン
・ピアノブラックエクステリア(ライトフレーム/ドアハンドル/MINIバードロゴ/フロントグリルフレーム/CROSSOVERエンブレム
・レザー・チェスター・インディゴブルー
・シートヒーター(フロント/左右)
・MINI Yoursインテリア・スタイル シェーデッド・シルバーイルミネーテッド
・専用フローティングホイールキャップ
・専用エクステリアステッカー(フロントドア/リヤゲート/Dピラー)
・専用ナッパレザーステアリングホイール
・専用ベロアフロアマット
・専用ドアシルプレート
・リヤビューカメラ
・パーキングアシスト
・PDCフロント&リヤ
・ドライビングアシスト(前車接近警告機能/被害軽減ブレーキ/レーンディパーチャーウォーニング機能)
・アクティブクルーズコントロール(ストップ&ゴー機能付)
・ワイヤレスチャージング
・MINI APP
・マルチディスプレイメーターパネル
・スマートフォンインテグレーション(Apple CarPlay)
・MINI Connected

その他クルマに関する記事なら、姉妹サイト「モーターファン」をチェック!!

関連記事

Tags
GO OUT編集部