ジープの旗艦「グランドチェロキー」に5人乗り標準ボディとプラグインハイブリッド仕様が追加!

GO OUT編集部

ステランティスジャパンはこのほど、ジープのフラッグシップモデル「グランドチェロキー」に、取り回しに優れた標準ボディ仕様を追加す るとともに、モーターのみで最長53kmを走行できるプラグインハイブリッド車「4xe(フォーバイイー)」を設定し、10月24日より受注を開始した。税込車両価格は892万円〜1232万5000円。

Table Of Contents : 目次

4xeには272ps/400Nmの2.0ℓ直4ターボに2モーターを組み合わせる。ハイブリッド燃費は10.4km/ℓ

ステランティスジャパンはこのほど、ジープのフラッグシップモデル「グランドチェロキー」に、取り回しに優れた標準ボディ仕様を追加す るとともに、モーターのみで最長53kmを走行できるプラグインハイブリッド車「4xe(フォーバイイー)」を設定し、10月24日より受注を開始した。税込車両価格は892万円〜1232万5000円。

グランドチェロキー サミットリザーブ2.0L 4xe

卓越した悪路走破性と、長距離ドライブも快適に楽しめるラグジュアリーグランドツアラーとしての特性を1台に凝縮し、2022年2月に10年ぶりにフルモデルチェンジを遂げた新型「グランドチェロキー」シリーズ。今回新たに2列シート5人乗りの標準ボディ仕様が登場した。

標準ボディは全長4900mm(サミットリザーブ2.0L 4xeは4910mm)、全幅1980mm、全高1810mm、ホイールベース2965mmと、すでに発売されている7人乗り仕様のグランドチェロキーLより全長が約300mm、ホイールベースが125mmコンパクト。最小回転半径は6.0m(グランドチェロキーLは6.3m)を実現し、取り回し性に優れている。

グランドチェロキー サミットリザーブ2.0L 4xe

この標準ボディでは、プラグインハイブリッド車と、ガソリン車の2タイプが設定された。プラグインハイブリッド仕様「4xe」のパワートレインは、2.0ℓ直列4気筒ターボエンジン(272ps/400Nm)に2基の電気モーター、14.87kWhのリチウムイオン電池(総電圧350V)、8速ATを組み合わせ、燃料消費を最小限に抑制するとともに、モーターのみで最長53kmの航続が可能だ。ハイブリッド燃料消費率は10.4km/ℓ(WLTCモード)を達成している。一方ガソリン車は、272ps/400Nmを発する2.0ℓ直列4気筒ターボエンジンと8速ATの組み合わせだ。

4xeでは、ブレーキペダルを踏むと電気モーターによる回生ブレーキが作動し、発生した電気はバッテリーパックへと蓄えられる。また、回生ブレーキの効果を最大化する「Max Regen」機能を任意に選択することもできる。走行モードは以下の3種類から選択可能だ。

●HYBRID(ハイブリッド)モード
電気モーターとガソリンエンジンを状況に応じて効率良く活用し、必要なパワーを発生しながら、燃料消費を最小限に抑制。充電レベルが高い状態では電気モーターを積極的に活用し、充電レベルが低くなると、エンジン主体のハイブリッドモードに自動で切り替わる。
●ELECTRIC(エレクトリック)モード
モーター駆動の領域が最大限に拡大され、電気のみで最長53km走行できる。充電レベルが低くなった場合、もしくはドライバーがアクセルペダルを強く踏み込んだ場合はハイブリッドモードに切り替わる。
●e-SAVEモード
エンジンを優先的に使用し、充電レベルを維持。目的地で静粛性の高いモーター走行を行いたい場合や、バッテリー残量を増やしたい場合に有効だ。なお、e-SAVEモードでは、インフォテイメントシステム「Uコネクト」に内蔵されたハイブリッド エレクトリック ページから、「バッテリー節約」と「バッテリー充電」のいずれかのモードを選択することもできる。

グランドチェロキー リミテッド2.0L 4xe

エクステリアは、1963年に登場したラグジュアリーSUVのパイオニア、初代「Wagoneer(ワゴニア)」にインスピレーションを得ながら、最新のデザイン手法によりモダンに仕上げられた「グランドチェロキーL」のスタイリングを踏襲。なお、プラグインハイブリッド仕様の「リミテッド2.0L 4xe」「サミットリザーブ2.0L 4xe」には、それぞれ専用デザインのアルミホイールが採用されている。

●ジープ「グランドチェロキー」モデルラインナップ
【2.0ℓガソリン車】
・リミテッド2.0L:892万円(サンルーフ付きは910万円)
【2.0ℓプラグインハイブリッド車】
・リミテッド2.0L 4xe:1037万円
・サミットリザーブ2.0L 4xe:1227万円
※価格は消費税込み

その他クルマに関する記事なら、姉妹サイト「モーターファン」をチェック!!

関連記事

Tags
GO OUT編集部