ジープ・ラングラー ルビコン392コンセプト発表! ファン待望のV8エンジン搭載。

2020年7月13日、ジープは、6.4L V8エンジンを搭載するラングラー ルビコン392コンセプト(Wrangler Rublican 392 Concept)を発表した。

ラングラー ルビコン392コンセプト。

ジープは、SUVのパイオニアとして有名なメーカーだが、V8エンジンは1981年のCJに最後に、搭載されてこなかった。

ジープ愛好家は近年、V8エンジン搭載のラングラーを強く求めており、今回発表されたラングラールビコン392コンセプトは、その愛好家たちの願いを具現化し、その望みが叶う可能性を秘めたコンセプトカーだ。

37インチタイヤが目立っている。

このコンセプトカーに積まれるエンジンは、最大出力450馬力、最大トルク610Nmを発生する6.4L、V8エンジンで、8速ATを組み合わせている。0−96km加速は5秒未満という驚異の運動性能を備えている。

この強力なエンジンに対応するためエンジンマウントやフレーム、サスペンションなどが改良された。

特にサスペンションは、新しいアルミニウムやモノチューブフォックスショックが含まれており、ダンピングと放熱において改善がなされた。また、エキゾーストも2段階変更でき、ボタンひとつでパフォーマンスサウンドを変化させることができる。

また8速ATとフルタイム4×4の組み合わせにより、全体のドライバビリティが向上し、3.73のギア比が可能になり、高速道路での効率やオフロード機能が向上した。

6.4ℓ、V8エンジンを搭載している。

また、内外装のデザインもユニークだ。

エクステリアはブロンズで強調された牽引フック、バッジ、スプリング、ショック、ホイールなどが装備され、アグレッシブな印象だ。17インチビードロックホイールと37インチタイヤの組み合わせは只者ではない雰囲気を匂わせている。

インテリアにはパフォーマンスステアリングホイールやゴールドのステッチが施された赤色の革シートが備わっておりこちらも特別感を出している。

パフォーマンスステアリングホイールや赤の革シートが装備されている。

このラングラー ルビコン392コンセプトは、V8エンジン復活を願うジープ愛好家の夢を具現化した特別なコンセプトカーだ。エンジンのスペックも具体的で完成度も高い。ぜひ市販につなげてほしい。

 

モーターファン ロゴ

その他クルマに関する記事なら、姉妹サイト「モーターファン」をチェック!!

 

Tags

RANKING

  • Weekly
  • Monthly
  • Total

SNAP

ARCHIVE

GO OUT ONLINE

RECOMMENDED ITEM

MAGAZINE

BESSの家〜お宅訪問編〜
電子書籍の購入はこちら
thegoout