トヨタ新型RAV4 PHV登場! 大容量・高出力バッテリーを搭載。

トヨタRAV4のプラグインハイブリッドモデル「RAV4 PHV」の発売が6月8日から開始された。

EV走行距離95kmという優れた環境性能だけでなく、システム最高出力306ps、0-100km/h加速6秒というスポーツカー顔負けのパフォーマンスも備えているのが魅力。

価格は469万円〜539万円だが、国と地方自治体の減税や補助金制度を利用すると約80万円もの優遇を受けることも可能だ。

RAV4 PHV BLACK TONE
RAV4 PHV BLACK TONE

トヨタRAV4 PHVは、新開発のプラグインハイブリッドシステム「THSII Plug-in」を採用する。RAV4のハイブリッドシステムよりもフロントモーターとインバーターが高出力化されており、動力用のリチウムイオンバッテリーも総電力量18.1kWhの大容量・高出力な新型を搭載。

EV走行距離は95kmを達成しており、街乗りメインの使い方ならばほとんど給油する必要はなくなりそうだ。

ちなみに、100Vだと約27時間、200Vならば約5時間30分で満充電が可能となっている。

プラグインハイブリッドシステム「THSⅡ Plug-in」
  • 「THSⅡ Plug-in」 主要諸元
  • <エンジン>
    型式 A25A-FXS
    排気量(cc) 2487
    最高出力 (kW[PS]/rpm) 130[177]/6,000
    最大トルク(Nm[kgm]/rpm) 219[22.3]/3,600
  • <フロントモーター>
    型式 5NM
    最高出力 (kW[PS]) 134[182]
    最大トルク(Nm[kgm]) 270[27.5]
  • <リヤモーター(E-Four)>
    型式 4NM
    最高出力 (kW[PS]) 40[54]
    最大トルク(Nm[kgm]) 121[12.3]
  • <駆動用バッテリー>
    種類 リチウムイオンバッテリー
    容量(Ah) 51
    総電圧(V) 355.2
    総電力量(kWh) 18.1

さらに、ハイブリッド燃費は22.2km/ℓ(WLTCモード)を達成。55ℓの燃料タンク容量と相まって、航続距離は1300kmを上回る。EVのような電欠の心配なく、ロングドライブも安心して楽しめるのがPHVの強みだ。

EV走行距離95km、ハイブリッド燃費22.2km/ℓ(WLTCモード)を達成
走行モードスイッチにより、EV走行/HV走行を選択可能

なお、システム出力はRAV4ハイブリッドが218ps(160kW)なのに対して、RAV4 PHVでは306ps(225kW)まで高められており、0-100km加速は6秒という瞬足を誇る。

前後ショックアブソーバーの摩擦特性と減衰力特性の最適化も行われており、単にエコなだけでなく、走りが楽しめるモデルになっているのもRAV4 PHVのセールスポイントなのだ。

前後ショックアブソーバーの摩擦特性と減衰力特性を最適化
コーナリング時の優れた操縦安定性や、重厚感のあるしなやかな乗り心地を実現

RAV4 PHVではエクステリアも他グレードから差別化が図られており、専用フロントグリルやロワモール、LEDデイライトを採用する。

専用色「エモーショナルレッドII」は鮮烈な印象で、ボディ下部のブラック塗装とのコントラストが特に際立つ。足元を彩る19インチホイールも専用デザインだ。

グリルやバンパーはPHV専用。両サイドの縦型LEDデイライトも先進的な印象だ
ハイブリッドではシルバー塗装のリヤスキッドプレートが、PHVでは艶ありブラック塗装になっている
フロントフェンダーには、PHVであることを示すエンブレムが備わる
最上級グレード「BLACK TONE」は切削光輝仕上げのスポークを持つ19インチホイールを履く。その他のグレードは18インチホイールが標準だ
インテリアはブラックの内装色で統一されているが、要所にレッドステッチをあしらうことでスポーティさを表現している。また、シートは合成皮革シート表皮採用のスポーティシートが標準となる。
ブラック内装の要所にはレッドステッチがあしらわれる。9インチのディスプレイオーディオは全車標準装備
「BLACK TONE」と「G”Z”」のシート。陰影を際立たせる横基調のキルティング意匠とレッドリボン加飾が特徴
こちらはエントリーグレード「G」のシート。メイン材にファブリックの快適性と革のような質感を併せ持ったレザテックを採用
ラゲッジルームの容量は490L(PHV以外のモデルは542L)。リヤシートを畳むとフラットな大空間が生まれる
そして、PHVならではの利便性の一つとして注目したいのが最大1500W(AC100V)の外部給電機能を標準装備していること。付属のヴィークルパワーコネクターを車体の普通充電口に差し込めば、外部給電用のコンセントとして利用可能なのである。

その際、ガソリン満タン状態ならば3日程度の電力を供給してくれるというから、近年地震や大雨などの災害に見舞われることが多い日本ではいざというときに頼りになる装備といえるだろう。

ラゲッジルームにはアクセサリーコンセントも備わる
ヴィークルパワーコネクターを使って給電することが可能

RAV4 PHVの価格は469万円〜539万円。RAV4ハイブリッド(4WD)の価格は約351万円〜約389万円だが、PHVの場合は減税や補助金制度がハイブリッドよりも手厚いため、総支払額はグッと縮まる。例えば、東京都江東区の場合は、国の優遇制度で約41万4800円、地方自治体の優遇制度で40万円の優遇が受けられるという。

トヨタのホームページより。80万円以上の優遇は魅力的だ

経済性と走り、相反する要素を両立するRAV4 PHVは、人気のRAV4シリーズの最上級モデルにふさわしい魅力を備えたニューモデルだ。

トヨタRAV4 PHV価格
G 469万円
G”Z” 499万円
BLACK TONE 539万円

モーターファン ロゴ

その他クルマに関する記事なら、姉妹サイト「モーターファン」をチェック!!

 

  • トヨタ新型RAV4 PHV登場! 大容量・高出力バッテリーを搭載。
  • トヨタ新型RAV4 PHV登場! 大容量・高出力バッテリーを搭載。
  • トヨタ新型RAV4 PHV登場! 大容量・高出力バッテリーを搭載。
  • トヨタ新型RAV4 PHV登場! 大容量・高出力バッテリーを搭載。
  • トヨタ新型RAV4 PHV登場! 大容量・高出力バッテリーを搭載。
  • トヨタ新型RAV4 PHV登場! 大容量・高出力バッテリーを搭載。
  • トヨタ新型RAV4 PHV登場! 大容量・高出力バッテリーを搭載。
  • トヨタ新型RAV4 PHV登場! 大容量・高出力バッテリーを搭載。
  • トヨタ新型RAV4 PHV登場! 大容量・高出力バッテリーを搭載。
  • トヨタ新型RAV4 PHV登場! 大容量・高出力バッテリーを搭載。
Tags

RANKING

  • Weekly
  • Monthly
  • Total

SNAP

ARCHIVE

GO OUT ONLINE

RECOMMENDED ITEM

MAGAZINE

BESSの家〜お宅訪問編〜
電子書籍の購入はこちら
thegoout