プジョー・リフターついに日本上陸! SUV × ミニバン × ワゴンな注目の一台。

長きに渡ってルノー・カングーが圧倒的な強さを誇っていたカテゴリーに、ついにプジョーが殴り込みをかけてくる!

フランスで古くからフルゴネットとも呼ばれていたMVP(マルチ・パーパス・ヴィークル)カテゴリーは、欧州をはじめ世界の多くのマーケットで絶大な人気を集め、各メーカーがしのぎを削っていたが、ここ日本では事実上カングーが市場を独占してきた。

しかしここへきてプジョーがリフターを、そしてシトロエンがベルランゴを投入することを決定。しかもリフターやベルランゴの現行型は本国でもデビューからそれほど月日が経っておらず、最新モデルの日本導入と言って差し支えない。強力ライバルを全方位的に上回る商品力を武器に、プジョー・シトロエン連合の反撃が始まる。

 

ファン待望の一台! カングーとの饗宴で市場が多いに盛り上がる!

2018年に現行リフターが登場して以来、プジョーの輸入元のコールセンターへの問い合わせて最も多かったのは、同モデルの日本導入の可能性に関するものだったという。

それほどの注目を集めていたリフターが、ついに日本に上陸する。

まずデザインからして特徴的だ。ミニバンとSUVとワゴンをクロスオーバーさせた個性溢れるスタイリングで、見ているだけでも楽しいカーライフが想像出来る。

1878mmのたっぷりとした全高と両側スライドドアはミニバン的であり、高い地上高と樹脂製のホイールアーチおよびサイドプロテクターとバンパープロテクターはSUV的、そして長く伸びるルーフラインとユーティリティはワゴン的だ。これらを巧みに融合させたところにこのリフターのデザインの真髄が見て取れる。

コクピットは、プジョーならではのi-Cockpitに仕立て上げられている。上下二ヶ所のフラットな部分を持つコンパクトなステアリングと、そのステアリングの中ではなく上から視認するメーター類、そして8インチのタッチパネルは、ほかのプジョーの同様の個性溢れるインテリアとドライビング環境を生み出している。

プラットフォームは軽量、高剛性、高いポテンシャルと汎用性で高評価を得ている「EMP2」をベースとしている。エンジンは1.5Lターボチャージャー付きクリーンディーゼル「DV5」で、8速オートマチックトランスミッション「EAT8」と組み合わされる。

ディーゼルと8速ATの組み合わせは、ライバルのカングーに対して大きなアドバンテージとなるだろう。さらにはプジョーお得意のアドバンスドグリップコントロールも装備し、高い悪路走破性も手にしている。

 

圧倒的なユーティリティが最大の魅力。

もちろんリフターの白眉はユーティリティだろう。

まず、リヤドアは両サイドとスライド式で、スイングドアのようにボディサイドに大きな開閉スペースを必要としない。日本のユーザーにも高い支持を得られるはずだ。

リヤシートとともに助手席まで倒せば、2.7mもの長尺物も収納可能。

そして、リヤシートは6対4の分割可倒式となっており、奥行きは5人乗り状態で1m、2人乗り状態で1.88m、助手席を倒せば最長2.7mとなる。容量は5名乗車時でトノカバー下597L、2列目シートを倒した最大積載状態では2126Lとなる。これは現行プジョーで最大容積を持つ5008の1862Lを大幅に上回る。

 

先進運転支援機能も充実!

■アクティブクルーズコントロール(ストップ機能付き)
前車追随型クルーズコントロールを装備。渋滞時の加減速にも対応する。30~180km/h で作動し、前車が停止した場合は停止まで対応する。

■アクティブセーフティブレーキ
前方の車両や障害物を検知し、ドライバーが回避操作を行わない場合に自動的にブレーキを作動させる。車両および歩行者を検知し、作動範囲は5~80km/hとなっている。

■レーンキープアシスト
車載カメラが車線を検知し、ウィンカー操作がない状態で車線からはみ出しそうになると 自動的にステアリングに反力を生じさせ、元の車線へと戻す。

■ブラインドスポットモニターシステム
走行中に斜め後方のブラインドスポットに存在する後続車輌を超音波センサーが感知。ドアミラー内にオレンジ色の警告灯を点灯させる。

■インテリジェントハイビーム
ルームミラー部に取付けられたカメラが常に前方の状況を分析。先行車や対向車の有無、照明の状況などにより、ハイビームとロービームを自動的に切り替え、対向車を幻惑させることなく常に最適な前方視界を確保する。

■トラフィックサインインフォメーション
制限速度および進入禁止に関する道路標識をマルチファンクションカメラが読み取り、インストルメントパネルに表示する。制限速度はドライバーが任意でクルーズコントロールまたはスピード リミッターに連動させることが可能だ。

■フロント&バックソナー/ワイドバックアイカメラ
後退する際に車輌後方の状況をタッチスクリーンに投影する。また、ステアリング操作による距離や車輌の進行方向の表示、および俯瞰映像も表示される。

■ドライバーアテンションアラート
車線に対するふらつきを検知し、居眠り防止の警告を発する。

 

Debut Editonは10月19日(土)にオンライン予約開始!

リフターの日本販売第一弾となるデビューエディションは10月19日(土)9時よりオンライン予約にて販売される。サイトで希望色と希望ディーラーを選択し、商談の予約権を取得し、ディーラーにて契約となる。申込金の支払いは必要ないという。

受付期間:2019年10月19日(土)9:00〜(予告なく終了する可能性あり)
対象店舗 : 全国のプジョー正規ディーラー
予約サイトURL:https://web.peugeot.co.jp/rifter-booking/

 

モーターファン ロゴ

その他クルマに関する記事なら、姉妹サイト「モーターファン」をチェック!!

 

  • ルーフ中央にトレー状の収納スペースが設けられる。高い室内高を持つリフターならではのアイデア収納だ。
  • 運転席と助手席の間で、ヘッドスペースに影響を及ぼさない空間を上手く利用している。
  • フロントシートの前方頭上にも棚のような収納スペースがある。こちらはカングーと似た装備だ。
  • 助手席の前方には上下二段式のグローブボックスが設けられる。右側のエアコン吹き出し口の上にはドリンクホルダーらしきものも見える。
  • フロントシートのシートバック背後には、リヤパッセンジャー用のテーブルが備わる。ドリンクを固定するホールも設けられている。
  • トノカバーは真ん中で折れ曲がり、嵩のあるものを縦に積める。
  • 5名フル乗車時にはトノカバー下で597Lのスペースを確保。
  • リヤ頭上のコンパートメントは、リヤゲート側からもアクセスできるようだ。
  • ラゲッジスペースの頭上には旅客機の荷物入れのようなスペースがある。
  • フタは前後2ピースに分かれているが、内部は大きなひとつのスペースとして使える。
  • センターコンソールにも大きな収納スペースが備わる。フタはスライド式で質感が高そうだ。
  • リヤシートとともに助手席まで倒せば、2.7mもの長尺物も収納可能。
  • リヤシートは分割可倒式で、4名乗車時はご覧の通り。
  • トノカバーを設置する高さを変えることも可能だ。
  • トノカバーは真ん中で折れ曲がり、嵩のあるものを縦に積める。
  • 5名フル乗車時にはトノカバー下で597Lのスペースを確保。
  • リヤシートをすべて倒せば、2126Lもの広大なラゲッジスペースが出現する。
  • リヤゲートはガラス部分のみを開閉させることができる。
  • 大きなリヤゲートは水平に近い角度まで開く。
Tags

RANKING

  • Weekly
  • Monthly
  • Total

SNAP

ARCHIVE

GO OUT ONLINE

RECOMMENDED ITEM

MAGAZINE

BESSの家〜お宅訪問編〜
電子書籍の購入はこちら
大人の宝物 ペルル